Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピッツバーグ薬物裁判(Pittsburgh drug trials)は、メジャーリーグベースボール(MLB)において、1919年のブラックソックス事件以来の大きな罰則をもたらした。デーブ・パーカー、デール・ベラ、リー・レーシー、リー・マジーリ、ジョン·ミルナー、ロッド・スケリー、ウィリー・エイキンズ、バイダ・ブルー、ティム・レインズ、キース・ヘルナンデス、エノス・カベル、ジェフリー・レナード、ロニー・スミスがピッツバーグの大陪審に召喚されて証言した。彼らの証言の後、1985年9月5日から20日まで行われたピッツバーグ薬物裁判はマスメディアによって大々的に取り上げられ、広く論議を呼んだ。1986年2月28日にピーター・ユベロスコミッショナーはコカインの所持や販売に関与した証拠が明確に確認された11人の選手に対して出場停止処分を科した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2847802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58454559 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピッツバーグ薬物裁判(Pittsburgh drug trials)は、メジャーリーグベースボール(MLB)において、1919年のブラックソックス事件以来の大きな罰則をもたらした。デーブ・パーカー、デール・ベラ、リー・レーシー、リー・マジーリ、ジョン·ミルナー、ロッド・スケリー、ウィリー・エイキンズ、バイダ・ブルー、ティム・レインズ、キース・ヘルナンデス、エノス・カベル、ジェフリー・レナード、ロニー・スミスがピッツバーグの大陪審に召喚されて証言した。彼らの証言の後、1985年9月5日から20日まで行われたピッツバーグ薬物裁判はマスメディアによって大々的に取り上げられ、広く論議を呼んだ。1986年2月28日にピーター・ユベロスコミッショナーはコカインの所持や販売に関与した証拠が明確に確認された11人の選手に対して出場停止処分を科した。
rdfs:label
  • ピッツバーグ薬物裁判
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of