Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:PopulatedPlace/areaTotal
  • 150.9963068325888
  • 151.1
dbpedia-owl:PopulatedPlace/areaUrban
  • 13839.0
dbpedia-owl:PopulatedPlace/populationDensity
  • 2126.6892994676464
dbpedia-owl:abstract
  • ピッツバーグ(Pittsburgh)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南西部に位置する都市。アリゲニー台地上、アレゲニー川とモノンガヒラ川が合流し、オハイオ川の起点となっている地点を中心に広がっている。ダウンタウンはその合流点近く、アレゲニー川とモノンガヘヒラ川に挟まれた地帯に広がり、ゴールデン・トライアングル(Golden Triangle)と呼ばれている。市域人口は305,704人(2010年国勢調査)。アレゲニー郡を中心に7郡にまたがる都市圏は2,356,285人(2010年国勢調査)の人口を抱えている。ピッツバーグという地名は、フレンチ・インディアン戦争の際にこの地に建てられていたフランス軍のデュケイン砦に進攻し、フランス軍を撤退に追い込んだイギリス軍のジョン・フォーブズ将軍が、ウィリアム・ピット(大ピット)にちなんで1758年につけたものであった。フォーブスがスコットランド人であったことから、この地名のburghという部分はエディンバラと同様に、「バラ」と発音されることを意図したものであったと考えられている。ピッツバーグは1794年に正式な町となり、1816年に市制を施行した。地元のNFLチーム「スティーラーズ」の名にも見られるように、かつては鉄鋼生産の中心地として栄えた。しかし1980年代中盤に安価な輸入鉄鋼に押される形で地域の鉄鋼業が衰退し、地域経済が大きな打撃を受けると、その後はハイテク産業をはじめ、保健、教育、金融を中心とした産業構造に転換し、地域経済を再生させた。その経験は2007年に始まったサブプライムローン問題や世界金融危機でも生きた。全米のみならず全世界を巻き込んだこの経済危機の最中にあっても、ピッツバーグの住宅市場は比較的安定し、2008年に入ってもピッツバーグにおける求人は増加していた。こうした再生の成功は、バラク・オバマが2009年9月に開催された第3回20か国・地域首脳会合の開催地としてピッツバーグを選んだ要素となった。また、ピッツバーグは、カーネギーメロン大学、デュケイン大学、ピッツバーグ大学など、多数の大学が市内および都市圏内にキャンパスを置く、学術都市としての要素も持っている。特にカーネギーメロン大学とピッツバーグ大学がキャンパスを置いている、ダウンタウンの東に広がるオークランド地区は、高等教育・研究機関や文化施設が集中する、市の文教地区となっている。
dbpedia-owl:areaLand
  • 143744340.123648 (xsd:double)
  • 143900000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:areaTotal
  • 150996306.832589 (xsd:double)
  • 151100000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:areaUrban
  • 13839000000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:areaWater
  • 7100000.000000 (xsd:double)
  • 7251966.708941 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationDensity
  • 2126.689299 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationMetro
  • 2356285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:populationTotal
  • 305704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1978671 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 43678 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57842675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • W
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位区分名
prop-ja:下位区分種類
prop-ja:人口の時点
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:人口密度(平方キロ当たり)_
  • 2124.400000 (xsd:double)
prop-ja:人口密度(平方マイル当たり)_
  • 5508.100000 (xsd:double)
prop-ja:位置図
  • PAMap-doton-Pittsburgh.PNG
prop-ja:位置図の見出し
  • 左: アレゲニー郡におけるピッツバーグの市域
  • アレゲニー郡の位置
  • 右: ペンシルベニア州における
prop-ja:位置図サイズ指定
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:公式ウェブサイト
prop-ja:公用語名称
  • City of Pittsburgh
prop-ja:協定世界時との時差
  • -5 (xsd:integer)
prop-ja:夏時間の協定世界時との時差
  • -4 (xsd:integer)
prop-ja:夏時間の等時帯
prop-ja:市旗
  • Flag of Pittsburgh, Pennsylvania.svg
prop-ja:市章
  • Pittsburgh city coat.png
prop-ja:愛称
  • Steel City (鉄鋼の街)
prop-ja:成立区分
  • 創設
prop-ja:成立日
  • 1717 (xsd:integer)
prop-ja:最高行政執行者名
  • ビル・ペドゥート(民主党)
prop-ja:最高行政執行者称号
  • 市長
prop-ja:標語
  • Benigno Numine (慈善の神と共に)
prop-ja:標高(フィート)_
  • 709 (xsd:integer)
prop-ja:標高(メートル)_
  • 216 (xsd:integer)
prop-ja:正式名称
  • ピッツバーグ市
prop-ja:水面面積(平方キロ)_
  • 7.100000 (xsd:double)
prop-ja:水面面積(平方マイル)_
  • 2.800000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • Montage Pittsburgh.jpg
prop-ja:画像サイズ指定
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:等時帯
prop-ja:経度分
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:総人口
  • 305704 (xsd:integer)
prop-ja:総面積(平方キロ)_
  • 151.100000 (xsd:double)
prop-ja:総面積(平方マイル)_
  • 58.300000 (xsd:double)
prop-ja:緯度分
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:規模
prop-ja:都市圏人口
  • 2356285 (xsd:integer)
prop-ja:都市圏面積(平方キロ)_
  • 13839 (xsd:integer)
prop-ja:都市圏面積(平方マイル)_
  • 5343 (xsd:integer)
prop-ja:陸上面積(平方キロ)_
  • 143.900000 (xsd:double)
prop-ja:陸上面積(平方マイル)_
  • 55.500000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ピッツバーグ(Pittsburgh)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南西部に位置する都市。アリゲニー台地上、アレゲニー川とモノンガヒラ川が合流し、オハイオ川の起点となっている地点を中心に広がっている。ダウンタウンはその合流点近く、アレゲニー川とモノンガヘヒラ川に挟まれた地帯に広がり、ゴールデン・トライアングル(Golden Triangle)と呼ばれている。市域人口は305,704人(2010年国勢調査)。アレゲニー郡を中心に7郡にまたがる都市圏は2,356,285人(2010年国勢調査)の人口を抱えている。ピッツバーグという地名は、フレンチ・インディアン戦争の際にこの地に建てられていたフランス軍のデュケイン砦に進攻し、フランス軍を撤退に追い込んだイギリス軍のジョン・フォーブズ将軍が、ウィリアム・ピット(大ピット)にちなんで1758年につけたものであった。フォーブスがスコットランド人であったことから、この地名のburghという部分はエディンバラと同様に、「バラ」と発音されることを意図したものであったと考えられている。ピッツバーグは1794年に正式な町となり、1816年に市制を施行した。地元のNFLチーム「スティーラーズ」の名にも見られるように、かつては鉄鋼生産の中心地として栄えた。しかし1980年代中盤に安価な輸入鉄鋼に押される形で地域の鉄鋼業が衰退し、地域経済が大きな打撃を受けると、その後はハイテク産業をはじめ、保健、教育、金融を中心とした産業構造に転換し、地域経済を再生させた。その経験は2007年に始まったサブプライムローン問題や世界金融危機でも生きた。全米のみならず全世界を巻き込んだこの経済危機の最中にあっても、ピッツバーグの住宅市場は比較的安定し、2008年に入ってもピッツバーグにおける求人は増加していた。こうした再生の成功は、バラク・オバマが2009年9月に開催された第3回20か国・地域首脳会合の開催地としてピッツバーグを選んだ要素となった。また、ピッツバーグは、カーネギーメロン大学、デュケイン大学、ピッツバーグ大学など、多数の大学が市内および都市圏内にキャンパスを置く、学術都市としての要素も持っている。特にカーネギーメロン大学とピッツバーグ大学がキャンパスを置いている、ダウンタウンの東に広がるオークランド地区は、高等教育・研究機関や文化施設が集中する、市の文教地区となっている。
rdfs:label
  • ピッツバーグ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ピッツバーグ市
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:city of
is dbpedia-owl:deathPlace of
is dbpedia-owl:hometown of
is dbpedia-owl:picture of
is dbpedia-owl:residence of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:birthPlace of
is prop-ja:born of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:city of
is prop-ja:deathPlace of
is prop-ja:location of
is prop-ja:locationCity of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:rd2t3Loc of
is prop-ja:southeast of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:出身地 of
is prop-ja:所在地 of
is prop-ja:所有者 of
is prop-ja:母都市 of
is prop-ja:画像キャプション of
is foaf:primaryTopic of