Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピッチ走法(ピッチそうほう)とは、長距離走で、比較的狭い歩幅で脚の回転を速くする走法。足の着地時の足首付近にかかる衝撃がストライド走法よりも小さい走法であり、日本では、短身で脚の短い選手にも身体的負担が少なく、ピッチを多く刻むことによりストライド走法よりもスピードが出る走法とされ、この走法が主流になっている。厳格にストライド走法と区別の出来ない選手も多い。なお、競馬の世界においても、歩幅が狭く足の回転の速い走りをする馬についてピッチ走法であると言われる。一般には、ピッチ走法の馬はダートコース・小回りコース・短距離に強いと言われる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 180845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50260731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピッチ走法(ピッチそうほう)とは、長距離走で、比較的狭い歩幅で脚の回転を速くする走法。足の着地時の足首付近にかかる衝撃がストライド走法よりも小さい走法であり、日本では、短身で脚の短い選手にも身体的負担が少なく、ピッチを多く刻むことによりストライド走法よりもスピードが出る走法とされ、この走法が主流になっている。厳格にストライド走法と区別の出来ない選手も多い。なお、競馬の世界においても、歩幅が狭く足の回転の速い走りをする馬についてピッチ走法であると言われる。一般には、ピッチ走法の馬はダートコース・小回りコース・短距離に強いと言われる。
rdfs:label
  • ピッチ走法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of