Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピエール2世・ド・リュクサンブール(Pierre II de Luxembourg, 1440年頃 - 1482年10月25日)は、フランスの貴族、軍人。サン=ポル伯、ブリエンヌ伯、マルル伯、ソワソン伯およびアンギャンの領主。サン=ポル伯ルイとその最初の妻のマルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌの間の次男として生まれた。一族はブルゴーニュ公爵家と密接な関係にあり、父は1475年、シャルル突進公と組んでフランス王ルイ11世に対する陰謀を企てたため、反逆罪で処刑された。このためピエールは父の所領の大部分を没収され、アンギャンの所領のみを相続した。翌1476年に兄ジャンがムルテンの戦いで戦死すると、マルル伯領およびソワソン伯領を受け継ぎ、死んだ兄に代わってブルゴーニュ公爵家と関わりを持つようになった。1477年に突進公の後継者マリー・ド・ブルゴーニュの宮廷に出仕し、1478年に金羊毛騎士団の騎士に列せられた。マリー・ド・ブルゴーニュのフランス王室に対する執り成しのおかげで、ピエールは父の処刑後に没収されたサン=ポルとブリエンヌの2つの伯爵領を取り戻すことが出来た。1454年、サヴォイア公ルドヴィーコの娘マルゲリータ(1439年 - 1483年)と結婚し、間に5人の子女をもうけたが、成育したのは娘2人だけだった。マリー(? - 1547年) - 1484年にローモン伯ジャックと結婚、1487年にヴァンドーム伯フランソワと再婚フランソワーズ(? - 1523年) - 1485年、ラーフェンシュタイン領主フィリップと結婚
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2713385 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47373004 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピエール2世・ド・リュクサンブール(Pierre II de Luxembourg, 1440年頃 - 1482年10月25日)は、フランスの貴族、軍人。サン=ポル伯、ブリエンヌ伯、マルル伯、ソワソン伯およびアンギャンの領主。サン=ポル伯ルイとその最初の妻のマルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌの間の次男として生まれた。一族はブルゴーニュ公爵家と密接な関係にあり、父は1475年、シャルル突進公と組んでフランス王ルイ11世に対する陰謀を企てたため、反逆罪で処刑された。このためピエールは父の所領の大部分を没収され、アンギャンの所領のみを相続した。翌1476年に兄ジャンがムルテンの戦いで戦死すると、マルル伯領およびソワソン伯領を受け継ぎ、死んだ兄に代わってブルゴーニュ公爵家と関わりを持つようになった。1477年に突進公の後継者マリー・ド・ブルゴーニュの宮廷に出仕し、1478年に金羊毛騎士団の騎士に列せられた。マリー・ド・ブルゴーニュのフランス王室に対する執り成しのおかげで、ピエールは父の処刑後に没収されたサン=ポルとブリエンヌの2つの伯爵領を取り戻すことが出来た。1454年、サヴォイア公ルドヴィーコの娘マルゲリータ(1439年 - 1483年)と結婚し、間に5人の子女をもうけたが、成育したのは娘2人だけだった。マリー(? - 1547年) - 1484年にローモン伯ジャックと結婚、1487年にヴァンドーム伯フランソワと再婚フランソワーズ(? - 1523年) - 1485年、ラーフェンシュタイン領主フィリップと結婚
rdfs:label
  • ピエール2世・ド・リュクサンブール (サン=ポル伯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of