Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピエール・カルレ・ド・シャンブラン・ド・マリヴォー(フランス語:Pierre Carlet de Chamblain de Marivaux、1688年2月4日 - 1763年2月12日)は、フランス王国(現:フランス)パリ出身の劇作家、小説家。生涯に約40の戯曲を著した。アカデミー・フランセーズの座席24番の会員で、これまで伝統的であった同国出身の劇作家ジャン=バティスト・ポクラン(通称:モリエール)流の喜劇を改革し、女性に於ける恋愛心理の分析を特色とする喜劇を創始した。マリヴォーの代表作は1730年にイタリア座で初演された『愛と偶然との戯れ(fr:Le Jeu de l'amour et du hasard)』である。『愛と偶然との戯れ』は日本でも2011年に、宝塚歌劇団の星組によって『めぐり会いは再び』として上演された。また、マリヴォーの作品は極めて特徴的で、戯曲の主人公は決まって女性であり、作品にロマンティック・コメディを組み込み、繊細で気取りを表現した文体は「マリヴォダージュ(Marivaudage)」と呼ばれる。マリヴォーは女性の恋愛心理を細かい描写で表現した。しかし、マリヴォーの存命中には観客から作品が充分に理解されず、収入的に失敗することも多かったが、20世紀に入ってから高く評価されるようになった。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1688-02-04 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthName
  • Pierre Carlet de Chamblain de Marivaux
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1763-02-12 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2862495 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56408805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1688-02-04 (xsd:date)
prop-ja:birthName
  • Pierre Carlet de Chamblain de Marivaux
prop-ja:birthPlace
  • パリ
prop-ja:caption
  • によって描かれたマリヴォー
prop-ja:deathDate
  • 1763-02-12 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • パリ
prop-ja:debutWorks
  • 『:fr:Le Pere prudent et equitable』(1712年)
prop-ja:genre
prop-ja:influenced
  • アルフレッド・ド・ミュッセ、
prop-ja:influences
  • ジョゼフ・アディソン、
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • ピエール・ド・マリヴォー
prop-ja:notableWorks
  • 『愛と偶然との戯れ(:fr:Le Jeu de l'amour et du hasard)』(1730年初演)
prop-ja:occupation
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ピエール・カルレ・ド・シャンブラン・ド・マリヴォー(フランス語:Pierre Carlet de Chamblain de Marivaux、1688年2月4日 - 1763年2月12日)は、フランス王国(現:フランス)パリ出身の劇作家、小説家。生涯に約40の戯曲を著した。アカデミー・フランセーズの座席24番の会員で、これまで伝統的であった同国出身の劇作家ジャン=バティスト・ポクラン(通称:モリエール)流の喜劇を改革し、女性に於ける恋愛心理の分析を特色とする喜劇を創始した。マリヴォーの代表作は1730年にイタリア座で初演された『愛と偶然との戯れ(fr:Le Jeu de l'amour et du hasard)』である。『愛と偶然との戯れ』は日本でも2011年に、宝塚歌劇団の星組によって『めぐり会いは再び』として上演された。また、マリヴォーの作品は極めて特徴的で、戯曲の主人公は決まって女性であり、作品にロマンティック・コメディを組み込み、繊細で気取りを表現した文体は「マリヴォダージュ(Marivaudage)」と呼ばれる。マリヴォーは女性の恋愛心理を細かい描写で表現した。しかし、マリヴォーの存命中には観客から作品が充分に理解されず、収入的に失敗することも多かったが、20世紀に入ってから高く評価されるようになった。
rdfs:label
  • ピエール・ド・マリヴォー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ピエール・ド・マリヴォー
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of