Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミケランジェロ(1475年 - 1564年)は「ピエタ」(Pietà 、慈悲などの意)を題材とする彫刻を生涯に4体制作している。ピエタは聖母子像の一種であり、磔刑に処されたのちに十字架から降ろされたイエス・キリストと、その亡骸を腕に抱く聖母マリアをモチーフとする宗教画や彫刻などのことである。ミケランジェロが制作した4作品(ただし、完成したのは『サン・ピエトロのピエタ』のみ)の通称と制作年、現在の収蔵場所は以下の通りである。 『サン・ピエトロのピエタ』(1498年 - 1500年、サン・ピエトロ大聖堂) 『フィレンツェのピエタ』(1547年? - 、フィレンツェ、ドゥオーモ博物館)未完成 『パレストリーナのピエタ』(1555年? - 、フィレンツェ、アカデミア美術館)未完成 『ロンダニーニのピエタ』(1559年 - 、ミラノ、スフォルツァ城博物館)未完成とりわけ『サン・ピエトロのピエタ』は、他の芸術家によっても同じ題材で数多く作られたピエタと比較しても肩を並べるもののない傑作であり、これによってミケランジェロの名声は確立された。また、視力を失いながら手探りで制作を続けたといわれる4作目『ロンダニーニのピエタ』はミケランジェロの遺作となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 791067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58648768 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミケランジェロ(1475年 - 1564年)は「ピエタ」(Pietà 、慈悲などの意)を題材とする彫刻を生涯に4体制作している。ピエタは聖母子像の一種であり、磔刑に処されたのちに十字架から降ろされたイエス・キリストと、その亡骸を腕に抱く聖母マリアをモチーフとする宗教画や彫刻などのことである。ミケランジェロが制作した4作品(ただし、完成したのは『サン・ピエトロのピエタ』のみ)の通称と制作年、現在の収蔵場所は以下の通りである。 『サン・ピエトロのピエタ』(1498年 - 1500年、サン・ピエトロ大聖堂) 『フィレンツェのピエタ』(1547年? - 、フィレンツェ、ドゥオーモ博物館)未完成 『パレストリーナのピエタ』(1555年? - 、フィレンツェ、アカデミア美術館)未完成 『ロンダニーニのピエタ』(1559年 - 、ミラノ、スフォルツァ城博物館)未完成とりわけ『サン・ピエトロのピエタ』は、他の芸術家によっても同じ題材で数多く作られたピエタと比較しても肩を並べるもののない傑作であり、これによってミケランジェロの名声は確立された。また、視力を失いながら手探りで制作を続けたといわれる4作目『ロンダニーニのピエタ』はミケランジェロの遺作となった。
rdfs:label
  • ピエタ (ミケランジェロ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of