Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピウス11世(Pius PP. XI、1857年5月31日-1939年2月10日)はローマ教皇(在位:1922年2月6日-1939年2月10日)、カトリック教会の司祭。本名 アキッレ・ラッティ(Achille Ratti)。二つの世界大戦のはざまの時期にあって、世界平和の実現に奔走し、19世紀以来とだえていた諸国と教会の関係正常化をはかった。ピオ11世とも表記される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 126643 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54502451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイトル
  • 第259代 ローマ教皇
prop-ja:先代
prop-ja:就任
  • --02-06
prop-ja:日本語名
  • ピウス11世
prop-ja:曖昧
  • ピウス
prop-ja:本名
  • Achille Ratti
  • アキッレ・ラッティ
prop-ja:次代
prop-ja:没地
  • 、バチカン宮殿
prop-ja:没年月日
  • 1939-02-10 (xsd:date)
prop-ja:生地
  • ロンバルド=ヴェネト王国デージオ
prop-ja:生年月日
  • 1857-05-31 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:離任
  • --02-10
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピウス11世(Pius PP. XI、1857年5月31日-1939年2月10日)はローマ教皇(在位:1922年2月6日-1939年2月10日)、カトリック教会の司祭。本名 アキッレ・ラッティ(Achille Ratti)。二つの世界大戦のはざまの時期にあって、世界平和の実現に奔走し、19世紀以来とだえていた諸国と教会の関係正常化をはかった。ピオ11世とも表記される。
rdfs:label
  • ピウス11世 (ローマ教皇)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:列福決定者 of
is prop-ja:列聖決定者 of
is prop-ja:次代 of
is foaf:primaryTopic of