Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 《ピアノ四重奏断章 イ短調(ドイツ語: Fragment eines Klavierquartettsatz)》は、グスタフ・マーラーが1876年に作曲した室内楽。ソナタ形式による楽章1つだけが完成した姿で残されたが、続きの楽章は未完成に終わったか、もしくは紛失したと看做されている。マーラーの現存する唯一の学生時代の習作である。また、卒業後のマーラーは連作歌曲や大規模な交響曲に専念しており、成熟期以降は(少なくとも知られている限りで)室内楽を遺さなかった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1079399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47372677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 《ピアノ四重奏断章 イ短調(ドイツ語: Fragment eines Klavierquartettsatz)》は、グスタフ・マーラーが1876年に作曲した室内楽。ソナタ形式による楽章1つだけが完成した姿で残されたが、続きの楽章は未完成に終わったか、もしくは紛失したと看做されている。マーラーの現存する唯一の学生時代の習作である。また、卒業後のマーラーは連作歌曲や大規模な交響曲に専念しており、成熟期以降は(少なくとも知られている限りで)室内楽を遺さなかった。
rdfs:label
  • ピアノ四重奏曲 (マーラー)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of