Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ヘ調の協奏曲』(英語:Concerto in F )は、ジョージ・ガーシュウィンが作曲したピアノ協奏曲。1925年に指揮者ウォルター・ダムロッシュの委嘱により作曲された。ジャズに影響され、狂詩曲として構成された旧作『ラプソディ・イン・ブルー』に比べると、かなり伝統的な協奏曲に近づいている。作曲に当たってガーシュウィンは、初めて音楽理論書を買い求め、楽式を学んだという。オーケストレーションにファーディ・グローフェの手を借りた『ラプソディ・イン・ブルー』とは違って、本作ではガーシュウィンが完全に自力でオーケストレーションを行なっている(そのために自費で劇場を借り、楽員を集めて試奏を行うことさえしている)。このことから、ガーシュウィンの作曲技法がかなり存分に花開いた作品と呼ぶことができる。イギリスの作曲家ウィリアム・ウォルトンは、ガーシュウィンによる本作の管弦楽法を褒めちぎっているが、ウォルトン自身も管弦楽法の達人であった。1925年12月3日、ニューヨークのカーネギー・ホールにおいて、ガーシュウィン自身のピアノ独奏、ダムロッシュ指揮のニューヨーク交響楽団によって初演された。初演では歓迎されたものの、批評家の間では、ジャズとクラシックのいずれに分類すべきかをめぐって意見が割れた。実のところ、同時代の作曲家の間でも同様の評価が見られ、ストラヴィンスキーは本作を天才の仕事と認めたが、プロコフィエフは毛嫌いしたという。ジャズを取り入れたピアノ協奏曲として最も知られているものの、この曲の2年前の1923年には既にエルヴィン・シュルホフが『ジャズ風に』と題したピアノ協奏曲作品19を作曲し、自作自演も残している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 436339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58048406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ヘ調の協奏曲』(英語:Concerto in F )は、ジョージ・ガーシュウィンが作曲したピアノ協奏曲。1925年に指揮者ウォルター・ダムロッシュの委嘱により作曲された。ジャズに影響され、狂詩曲として構成された旧作『ラプソディ・イン・ブルー』に比べると、かなり伝統的な協奏曲に近づいている。作曲に当たってガーシュウィンは、初めて音楽理論書を買い求め、楽式を学んだという。オーケストレーションにファーディ・グローフェの手を借りた『ラプソディ・イン・ブルー』とは違って、本作ではガーシュウィンが完全に自力でオーケストレーションを行なっている(そのために自費で劇場を借り、楽員を集めて試奏を行うことさえしている)。このことから、ガーシュウィンの作曲技法がかなり存分に花開いた作品と呼ぶことができる。イギリスの作曲家ウィリアム・ウォルトンは、ガーシュウィンによる本作の管弦楽法を褒めちぎっているが、ウォルトン自身も管弦楽法の達人であった。1925年12月3日、ニューヨークのカーネギー・ホールにおいて、ガーシュウィン自身のピアノ独奏、ダムロッシュ指揮のニューヨーク交響楽団によって初演された。初演では歓迎されたものの、批評家の間では、ジャズとクラシックのいずれに分類すべきかをめぐって意見が割れた。実のところ、同時代の作曲家の間でも同様の評価が見られ、ストラヴィンスキーは本作を天才の仕事と認めたが、プロコフィエフは毛嫌いしたという。ジャズを取り入れたピアノ協奏曲として最も知られているものの、この曲の2年前の1923年には既にエルヴィン・シュルホフが『ジャズ風に』と題したピアノ協奏曲作品19を作曲し、自作自演も残している。
rdfs:label
  • ピアノ協奏曲 (ガーシュウィン)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of