Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピアノソナタ第18番 変ホ長調 作品31-3は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1802年に作曲したピアノソナタ。第16番、第17番『テンペスト』とともに作品31として出版された。3曲中唯一4楽章制を採るが、緩徐楽章を置かず、全体的に軽い曲想が支配していることから「狩」と呼ばれることがある。変ホ長調は吹奏楽編曲に適しており、「狩」の愛称は実際の狩猟に用いられる角笛(ホルン)の様子を模したものといえる。「運命の動機」が形を出した最初の作といえ、鳥の囀りを模したという推理には一定の妥当性がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 683458 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11015 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58942092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:class
  • composition
prop-ja:first
  • Robert
prop-ja:id
  • mc0002405461
prop-ja:last
  • Cummings
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピアノソナタ第18番 変ホ長調 作品31-3は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1802年に作曲したピアノソナタ。第16番、第17番『テンペスト』とともに作品31として出版された。3曲中唯一4楽章制を採るが、緩徐楽章を置かず、全体的に軽い曲想が支配していることから「狩」と呼ばれることがある。変ホ長調は吹奏楽編曲に適しており、「狩」の愛称は実際の狩猟に用いられる角笛(ホルン)の様子を模したものといえる。「運命の動機」が形を出した最初の作といえ、鳥の囀りを模したという推理には一定の妥当性がある。
rdfs:label
  • ピアノソナタ第18番 (ベートーヴェン)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of