Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ピアノソナタ第17番ニ長調D.850は、フランツ・シューベルトが1825年に作曲したピアノソナタ。翌1826年に作品53として出版された。全体的に長大な作品で、次の18番・19番・20番・21番と連なる大作の一群に入る。知人のピアニスト、カール・マリア・フォン・ボックレト(1801年-1881年)に献呈された。わずか12年程度の創作人生でしかない作曲者であるが、初期・中期・後期の3期に分けられるピアノソナタ作品集で、後期にはピアニスティックではない調性が多い。弦楽四重奏曲に編曲される期待があったものと示唆されている。演奏時間は38分前後とされている大作で、ベートーヴェンのピアノソナタ第29番に匹敵する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1051085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58725375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cname
  • Piano Sonata D. 850
prop-ja:id
  • Piano Sonata, D.850
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ピアノソナタ第17番ニ長調D.850は、フランツ・シューベルトが1825年に作曲したピアノソナタ。翌1826年に作品53として出版された。全体的に長大な作品で、次の18番・19番・20番・21番と連なる大作の一群に入る。知人のピアニスト、カール・マリア・フォン・ボックレト(1801年-1881年)に献呈された。わずか12年程度の創作人生でしかない作曲者であるが、初期・中期・後期の3期に分けられるピアノソナタ作品集で、後期にはピアニスティックではない調性が多い。弦楽四重奏曲に編曲される期待があったものと示唆されている。演奏時間は38分前後とされている大作で、ベートーヴェンのピアノソナタ第29番に匹敵する。
rdfs:label
  • ピアノソナタ第17番 (シューベルト)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of