Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビリンバウ(ブラジルポルトガル語:Berimbau)は、ブラジルの民族楽器。打弦楽器の一種。弓矢を棒(「バケタ」と呼ぶ)で叩くという、原始的な構造である。共鳴器として、中身をくり抜き乾燥させたヒョウタンを使用する。音程の調節は石(「ペドラ」と呼ぶ)またはコイン(ドブラウン)で行う。またカシシ(ラタン製のカゴの中に植物の種が入った楽器)を使うことも多い。この楽器は、主にブラジルのダンスのような格闘技、カポエイラで使用される。また、バーデン・パウエル作曲の『ビリンバウ』は、ボサノヴァ(実際にはボサノヴァ調ではないが、一般的にそのように認知された)の曲として有名である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1168664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55733267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビリンバウ(ブラジルポルトガル語:Berimbau)は、ブラジルの民族楽器。打弦楽器の一種。弓矢を棒(「バケタ」と呼ぶ)で叩くという、原始的な構造である。共鳴器として、中身をくり抜き乾燥させたヒョウタンを使用する。音程の調節は石(「ペドラ」と呼ぶ)またはコイン(ドブラウン)で行う。またカシシ(ラタン製のカゴの中に植物の種が入った楽器)を使うことも多い。この楽器は、主にブラジルのダンスのような格闘技、カポエイラで使用される。また、バーデン・パウエル作曲の『ビリンバウ』は、ボサノヴァ(実際にはボサノヴァ調ではないが、一般的にそのように認知された)の曲として有名である。
rdfs:label
  • ビリンバウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連項目 of
is foaf:primaryTopic of