Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビューフォート条約(英: Treaty of Beaufort)、またはビューフォート会議(Beaufort Convention)は、本来はアメリカ合衆国のジョージア州とサウスカロライナ州のすべて河川の境界を設定した条約。1787年に調印された場所のサウスカロライナ州ビューフォートにちなんで名付けられた。この条約は、ジョージア州とサウスカロライナ州の境界をサバンナ川の谷線(中央線)に設定し、サバンナ川の支流のトゥガルー川に向けて北に伸び、その先は「トゥガルー川の主な支流の源流に一致する」としていた。当時この地域は十分に測量されておらず、若干あいまいな言い回しであった。もしその源流点がジョージア州とノースカロライナ州との境界(名目上は北緯35度)の南にあるとすれば、サウスカロライナ州はその地点から真西に引いた線の北側全域と、北緯35度線の南部分は西ははるかミシシッピ川までの全域を自州の領土であると主張する事ができた。この主張が実際に効力を発揮することはなかったが、当時の一部の地図には示されている。トゥガルー川の主な支流はチャットゥーガ川であり、ノースカロライナが水源であることが後にわかった。1787年のこの地域はチェロキーの領土でどちらの州の一部でもないと見なされていた。1816年条約では公式に州の境界をチャットゥーガ川を上った北東に延長し、現在の境界線もそのままである。その他に扱われた問題は河川内にある島々への対応であった。条約は河川内の島々をジョージア州に割り当てたが、サバンナ川とトゥガルー川の二つの河川は当時から境界線にあった。これらのケースでは、谷線は河川の中央より北の(実際には北東のサウスカロライナ州寄りに)流路に引かれ、島の周りを滑らかにカーブしていた。条約のこの部分は、後に二つの州の境界線紛争の主題となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1331957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57827291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビューフォート条約(英: Treaty of Beaufort)、またはビューフォート会議(Beaufort Convention)は、本来はアメリカ合衆国のジョージア州とサウスカロライナ州のすべて河川の境界を設定した条約。1787年に調印された場所のサウスカロライナ州ビューフォートにちなんで名付けられた。この条約は、ジョージア州とサウスカロライナ州の境界をサバンナ川の谷線(中央線)に設定し、サバンナ川の支流のトゥガルー川に向けて北に伸び、その先は「トゥガルー川の主な支流の源流に一致する」としていた。当時この地域は十分に測量されておらず、若干あいまいな言い回しであった。もしその源流点がジョージア州とノースカロライナ州との境界(名目上は北緯35度)の南にあるとすれば、サウスカロライナ州はその地点から真西に引いた線の北側全域と、北緯35度線の南部分は西ははるかミシシッピ川までの全域を自州の領土であると主張する事ができた。この主張が実際に効力を発揮することはなかったが、当時の一部の地図には示されている。トゥガルー川の主な支流はチャットゥーガ川であり、ノースカロライナが水源であることが後にわかった。1787年のこの地域はチェロキーの領土でどちらの州の一部でもないと見なされていた。1816年条約では公式に州の境界をチャットゥーガ川を上った北東に延長し、現在の境界線もそのままである。その他に扱われた問題は河川内にある島々への対応であった。条約は河川内の島々をジョージア州に割り当てたが、サバンナ川とトゥガルー川の二つの河川は当時から境界線にあった。これらのケースでは、谷線は河川の中央より北の(実際には北東のサウスカロライナ州寄りに)流路に引かれ、島の周りを滑らかにカーブしていた。条約のこの部分は、後に二つの州の境界線紛争の主題となった。
rdfs:label
  • ビューフォート条約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of