Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビフェニル (biphenyl) は、有機化合物の一種で、ベンゼンが2つ単結合でつながった構造を持つ芳香族炭化水素である。常温では白色結晶の固体である。コールタール中に存在し、ベンゼンを赤熱した環に通じると生成する。固体のビフェニルは二つのベンゼン環は同一平面上にあるが、溶液または気相では約45°ねじれていることが知られている。1937年頃からイスラエルで使用され,防ばい効果が認められて欧米でも使用されるようになったのを受けて、わが国でも柑橘類の防かび剤(食品添加物扱い)として用いられているが、最近では耐性菌が見られるようになり、あまり使用されていない。
dbpedia-owl:iupacName
  • ビフェニル
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 157213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57761168 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Bifenyl.svg
  • Biphenyl 3D.png
prop-ja:imagename
  • 骨格構造式
  • 空間充填モデル
prop-ja:iupacname
  • ビフェニル
prop-ja:othernames
  • ジフェニル
prop-ja:verifiedrevid
  • 414030198 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ビフェニル (biphenyl) は、有機化合物の一種で、ベンゼンが2つ単結合でつながった構造を持つ芳香族炭化水素である。常温では白色結晶の固体である。コールタール中に存在し、ベンゼンを赤熱した環に通じると生成する。固体のビフェニルは二つのベンゼン環は同一平面上にあるが、溶液または気相では約45°ねじれていることが知られている。1937年頃からイスラエルで使用され,防ばい効果が認められて欧米でも使用されるようになったのを受けて、わが国でも柑橘類の防かび剤(食品添加物扱い)として用いられているが、最近では耐性菌が見られるようになり、あまり使用されていない。
rdfs:label
  • ビフェニル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジフェニル
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of