Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビッグレッドマシン(The Big Red Machine)とは、1970年代、メジャーリーグにおいて圧倒的強さ、人気を誇ったシンシナティ・レッズの愛称。1970年から1978年にかけて、名将スパーキー・アンダーソンのもと、通算311勝をあげたトム・シーバー、史上最多の通算4256安打のピート・ローズ、史上最高の捕手と言われるジョニー・ベンチ、歴代メジャー屈指の二塁手であるジョー・モーガン、通算379本塁打のトニー・ペレスといった後に殿堂入りする選手、さらに本塁打王2回、打点王3回のジョージ・フォスター、90年代最高の5ツールプレイヤーであるケン・グリフィー・ジュニアの父、ケン・グリフィー・シニアといったスター選手を揃え、地区優勝6回、リーグ優勝4回、ワールドチャンピオンに2度輝いた。当時の日本においてもその人気は絶大であり、1978年の日米野球で来日した際には、14勝2分け1敗という圧倒的な成績で、その強さを証明したが、帰国直後にアンダーソンは監督を解任され、ローズもFA権を取得してフィラデルフィア・フィリーズに移籍し、ビッグレッドマシンは「解体」となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1087219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2322 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58724804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビッグレッドマシン(The Big Red Machine)とは、1970年代、メジャーリーグにおいて圧倒的強さ、人気を誇ったシンシナティ・レッズの愛称。1970年から1978年にかけて、名将スパーキー・アンダーソンのもと、通算311勝をあげたトム・シーバー、史上最多の通算4256安打のピート・ローズ、史上最高の捕手と言われるジョニー・ベンチ、歴代メジャー屈指の二塁手であるジョー・モーガン、通算379本塁打のトニー・ペレスといった後に殿堂入りする選手、さらに本塁打王2回、打点王3回のジョージ・フォスター、90年代最高の5ツールプレイヤーであるケン・グリフィー・ジュニアの父、ケン・グリフィー・シニアといったスター選手を揃え、地区優勝6回、リーグ優勝4回、ワールドチャンピオンに2度輝いた。当時の日本においてもその人気は絶大であり、1978年の日米野球で来日した際には、14勝2分け1敗という圧倒的な成績で、その強さを証明したが、帰国直後にアンダーソンは監督を解任され、ローズもFA権を取得してフィラデルフィア・フィリーズに移籍し、ビッグレッドマシンは「解体」となった。
rdfs:label
  • ビッグレッドマシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of