Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビッグデータ (英: big data)とは、市販されているデータベース管理ツールや従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困難なほど巨大で複雑な データ集合の集積物を表す用語である。その技術的な課題には収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化が含まれる。大規模データ集合の傾向をつかむことは、関連データの1集合の分析から得られる付加的情報を、別の同じデータ量を持つ小規模データ集合と比較することにより行われ、「ビジネスの傾向の発見、研究の品質決定、疾病予防、 法的引用のリンク 、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」との相関の発見が可能になる。"big data"という語自体は2010年の英国エコノミスト誌が初出である。2012年現在妥当な時間内に処理することが可能なデータ集合のサイズの制限は、エクサバイトのオーダーのデータである。科学者が大規模なデータ集合による制限に遭遇することは、しばしば発生し、その分野にはゲノミクス、気象学、コネクトミクス、複雑な物理シミュレーション、生物調査および環境調査が含まれる。同様の制限は インターネット検索、金融、ビジネスインフォマティクスにも影響を与える。 データ集合が増加するのは、情報収集モバイル装置、空間センサー技術(リモートセンシング)、ソフトウェアログ、カメラ、マイクロフォン、無線ID読取機、ワイヤレス・センサー・ネットワークの普及も1つの原因である。全世界での1人当たりの情報容量は1980年代以降40か月ごとに倍増し、2012年現在1日あたり毎日250京(2.5×1018)バイトのデータが作成された。大企業にとっての課題は、組織全体にまたがるビッグデータの主導権を誰が握るかということである。ビッグデータは、大部分のリレーショナルデータベース管理システム、デスクトップ統計可視化パッケージでは処理が困難であり、その代わり、「数十台、数百台、ときには数千台ものサーバ上で動く大規模並列化ソフトウェア」が必要になる。何を「ビッグデータ」と考えるかは、データ集合を管理する組織の能力と、扱うデータの領域において従来分析に用いられてきたアプリケーションの能力に依存する。数百ギガバイトのデータに初めて直面してデータ管理の選択肢について再検討を始めた組織もある。また数十、数百テラバイトのデータになって初めて真剣に検討が必要になった組織もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2447702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59216960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビッグデータ (英: big data)とは、市販されているデータベース管理ツールや従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困難なほど巨大で複雑な データ集合の集積物を表す用語である。その技術的な課題には収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化が含まれる。大規模データ集合の傾向をつかむことは、関連データの1集合の分析から得られる付加的情報を、別の同じデータ量を持つ小規模データ集合と比較することにより行われ、「ビジネスの傾向の発見、研究の品質決定、疾病予防、 法的引用のリンク 、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」との相関の発見が可能になる。"big data"という語自体は2010年の英国エコノミスト誌が初出である。2012年現在妥当な時間内に処理することが可能なデータ集合のサイズの制限は、エクサバイトのオーダーのデータである。科学者が大規模なデータ集合による制限に遭遇することは、しばしば発生し、その分野にはゲノミクス、気象学、コネクトミクス、複雑な物理シミュレーション、生物調査および環境調査が含まれる。同様の制限は インターネット検索、金融、ビジネスインフォマティクスにも影響を与える。 データ集合が増加するのは、情報収集モバイル装置、空間センサー技術(リモートセンシング)、ソフトウェアログ、カメラ、マイクロフォン、無線ID読取機、ワイヤレス・センサー・ネットワークの普及も1つの原因である。全世界での1人当たりの情報容量は1980年代以降40か月ごとに倍増し、2012年現在1日あたり毎日250京(2.5×1018)バイトのデータが作成された。大企業にとっての課題は、組織全体にまたがるビッグデータの主導権を誰が握るかということである。ビッグデータは、大部分のリレーショナルデータベース管理システム、デスクトップ統計可視化パッケージでは処理が困難であり、その代わり、「数十台、数百台、ときには数千台ものサーバ上で動く大規模並列化ソフトウェア」が必要になる。何を「ビッグデータ」と考えるかは、データ集合を管理する組織の能力と、扱うデータの領域において従来分析に用いられてきたアプリケーションの能力に依存する。数百ギガバイトのデータに初めて直面してデータ管理の選択肢について再検討を始めた組織もある。また数十、数百テラバイトのデータになって初めて真剣に検討が必要になった組織もある。
rdfs:label
  • ビッグデータ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of