Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビスカスカップリング(英語:Viscous coupling、VC)は、高粘度シリコンオイルの剪断抵抗を利用した流体クラッチの一種である。西ドイツのビスコドライブ社が開発し、市販車では1983年にフォルクスワーゲン・ゴルフII、ラリーカーでは1984年にプジョー・205ターボ16に初採用された。日本製自動車では1983年の三菱・スタリオン4WDラリーがその先駆である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 923426 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57281584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビスカスカップリング(英語:Viscous coupling、VC)は、高粘度シリコンオイルの剪断抵抗を利用した流体クラッチの一種である。西ドイツのビスコドライブ社が開発し、市販車では1983年にフォルクスワーゲン・ゴルフII、ラリーカーでは1984年にプジョー・205ターボ16に初採用された。日本製自動車では1983年の三菱・スタリオン4WDラリーがその先駆である。
rdfs:label
  • ビスカスカップリング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of