Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビジネスマナーとは社会人が企業で働く上で身に付けている事が望ましいマナー。英語ではbusiness etiquetteと表記する。備わっていることにより業務を円滑に進められ、周囲の人々にも無難な印象をあたえられる。適切な言葉遣い、動作、身だしなみがビジネスマナーの基本であり、マナー通りに振舞う者は同僚との関係、取引先や顧客への対応などといった社内外での人間関係を築いたり、相手に要求を呑んでもらい時にも自身に悪いイメージが付いている傾向が少ないために事を良好に運ぶことができる。現代では就職を希望しているならば高校生や大学生などといった既に学生の時点でビジネスマナーを身につけている必要性が存在しているというのも、現代では就職難などとも言われているように企業への就職というのは高倍率であると共に難化してきているからである。そこから入社試験の場では自身が人よりも少しでもスキルを身に付けており、早く戦力として活躍できるということをPRして採用担当者に少人数を選ぶ場合にも採りたいと思われる必要があるからである。また最近の大学などの教育機関の中には「ビジネスマナー」という名称の単位を授与する科目を設置しているところが存在する[1][2][3]。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2368947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1413 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58890607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビジネスマナーとは社会人が企業で働く上で身に付けている事が望ましいマナー。英語ではbusiness etiquetteと表記する。備わっていることにより業務を円滑に進められ、周囲の人々にも無難な印象をあたえられる。適切な言葉遣い、動作、身だしなみがビジネスマナーの基本であり、マナー通りに振舞う者は同僚との関係、取引先や顧客への対応などといった社内外での人間関係を築いたり、相手に要求を呑んでもらい時にも自身に悪いイメージが付いている傾向が少ないために事を良好に運ぶことができる。現代では就職を希望しているならば高校生や大学生などといった既に学生の時点でビジネスマナーを身につけている必要性が存在しているというのも、現代では就職難などとも言われているように企業への就職というのは高倍率であると共に難化してきているからである。そこから入社試験の場では自身が人よりも少しでもスキルを身に付けており、早く戦力として活躍できるということをPRして採用担当者に少人数を選ぶ場合にも採りたいと思われる必要があるからである。また最近の大学などの教育機関の中には「ビジネスマナー」という名称の単位を授与する科目を設置しているところが存在する[1][2][3]。
rdfs:label
  • ビジネスマナー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of