Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビクトル・ペッチ(Víctor Pecci, 1955年10月15日 - )は、パラグアイ・アスンシオン出身の元男子プロテニス選手。当地が生んだ最大のテニス選手で、1979年の全仏オープン男子シングルス準優勝者である。シングルス自己最高ランキングは9位。ATPツアーでシングルス10勝、ダブルス11勝を挙げた。身長193cm、体重86kgの大型選手。1974年にプロ入りし、同年の全仏オープンで4大大会にデビューする。1979年の全仏オープンでは、ペッチはノーシードから勝ち上がった。4回戦で第6シードのハロルド・ソロモン(アメリカ)を破ると、準々決勝では第3シードのギレルモ・ビラスを 6-0, 6-2, 7-5 のストレートで破り、準決勝では第2シードのジミー・コナーズを 7-5, 6-4, 5-7, 6-3 で破って決勝に進出した。しかし、決勝では第1シードのビョルン・ボルグに 2-6, 1-6, 7-6, 4-6 で敗れて準優勝に終わり、パラグアイのテニス選手として最初の4大大会優勝には届かなかった。ボルグはこの勝利で、全仏オープンで2年連続4度目の優勝を達成する。それから2年後、1981年の全仏オープンでペッチは2年ぶり2度目の準決勝に進んだが、またもや第1シードのボルグに 4-6, 4-6, 5-7 で敗れた。2度目の4強進出の過程では、ペッチは3回戦で第4シードのジーン・マイヤー(アメリカ)を破った後、4回戦ではポーランドのヴォイチェフ・フィバク、準々決勝では地元フランスのヤニック・ノアを破ったが、ここでもボルグの厚い壁に阻まれたことになる。ペッチのその他の4大大会成績は、全仏準優勝の1979年にウィンブルドンと全米オープンで記録した3回戦進出が最高で、全仏以外の大会では好成績が少なかった。1981年に2度目の全仏4強入りをした後、彼は4大大会で1回戦・2回戦止まりに後退し、1986年全仏オープンでの1回戦敗退を最後に4大大会挑戦を断念した。パラグアイが男子テニス国別対抗戦・デビスカップに初参加したのは1931年であったが、最初は1931年と1932年の2度しか参加できず、1982年になってから「50年ぶり」にパラグアイのデ杯復帰が実現した。ビクトル・ペッチはこの年から、現役引退する1990年までパラグアイのデ杯代表選手を務め、1983年にチームを最上位16ヶ国による「ワールドグループ」昇格へと導いた。1983年から1987年まで、パラグアイはデ杯で5年連続の「ワールドグループ」準々決勝に進出を果たす。1988年、ワールドグループ1回戦でペッチを欠いたパラグアイ・チームはチェコに敗れてしまったが、ワールドグループ・プレーオフではペッチがいて、ニュージーランドに4勝1敗で勝ってグループ残留を決める。しかし、1989年のワールドグループ1回戦でアメリカに敗れたパラグアイは、ワールドグループ・プレーオフでスイスに5戦全敗を喫し、ここでワールドグループから転落してしまう。1990年に「アメリカン・グループ1」の準決勝でカナダに5戦全敗で敗れたデ杯戦を最後に、ペッチは35歳で現役を退いた。彼の引退後、パラグアイはデ杯ワールドグループ復帰を実現させたことがない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 731376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52525662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • P015
prop-ja:name
  • ビクトル・ペッチ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 358 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 31 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 189 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1973 (xsd:integer)
prop-ja:バックハンド
  • 片手打ち
prop-ja:体重
  • 86.0
prop-ja:全仏オープン
  • 準優勝(1979)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • ベスト8(1983)
prop-ja:全米オープン
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • ベスト8(1978)
prop-ja:全豪オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:写真
  • Victor Pecci 1988 Paraguay stamp.jpg
prop-ja:出身地
  • 同・アスンシオン
prop-ja:利き手
prop-ja:引退年
  • 1990 (xsd:integer)
prop-ja:生涯通算成績
  • 547 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1955-10-15 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 193.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • ビクトル・ペッチ
prop-ja:選手名(英語)_
  • Víctor Pecci
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビクトル・ペッチ(Víctor Pecci, 1955年10月15日 - )は、パラグアイ・アスンシオン出身の元男子プロテニス選手。当地が生んだ最大のテニス選手で、1979年の全仏オープン男子シングルス準優勝者である。シングルス自己最高ランキングは9位。ATPツアーでシングルス10勝、ダブルス11勝を挙げた。身長193cm、体重86kgの大型選手。1974年にプロ入りし、同年の全仏オープンで4大大会にデビューする。1979年の全仏オープンでは、ペッチはノーシードから勝ち上がった。4回戦で第6シードのハロルド・ソロモン(アメリカ)を破ると、準々決勝では第3シードのギレルモ・ビラスを 6-0, 6-2, 7-5 のストレートで破り、準決勝では第2シードのジミー・コナーズを 7-5, 6-4, 5-7, 6-3 で破って決勝に進出した。しかし、決勝では第1シードのビョルン・ボルグに 2-6, 1-6, 7-6, 4-6 で敗れて準優勝に終わり、パラグアイのテニス選手として最初の4大大会優勝には届かなかった。ボルグはこの勝利で、全仏オープンで2年連続4度目の優勝を達成する。それから2年後、1981年の全仏オープンでペッチは2年ぶり2度目の準決勝に進んだが、またもや第1シードのボルグに 4-6, 4-6, 5-7 で敗れた。2度目の4強進出の過程では、ペッチは3回戦で第4シードのジーン・マイヤー(アメリカ)を破った後、4回戦ではポーランドのヴォイチェフ・フィバク、準々決勝では地元フランスのヤニック・ノアを破ったが、ここでもボルグの厚い壁に阻まれたことになる。ペッチのその他の4大大会成績は、全仏準優勝の1979年にウィンブルドンと全米オープンで記録した3回戦進出が最高で、全仏以外の大会では好成績が少なかった。1981年に2度目の全仏4強入りをした後、彼は4大大会で1回戦・2回戦止まりに後退し、1986年全仏オープンでの1回戦敗退を最後に4大大会挑戦を断念した。パラグアイが男子テニス国別対抗戦・デビスカップに初参加したのは1931年であったが、最初は1931年と1932年の2度しか参加できず、1982年になってから「50年ぶり」にパラグアイのデ杯復帰が実現した。ビクトル・ペッチはこの年から、現役引退する1990年までパラグアイのデ杯代表選手を務め、1983年にチームを最上位16ヶ国による「ワールドグループ」昇格へと導いた。1983年から1987年まで、パラグアイはデ杯で5年連続の「ワールドグループ」準々決勝に進出を果たす。1988年、ワールドグループ1回戦でペッチを欠いたパラグアイ・チームはチェコに敗れてしまったが、ワールドグループ・プレーオフではペッチがいて、ニュージーランドに4勝1敗で勝ってグループ残留を決める。しかし、1989年のワールドグループ1回戦でアメリカに敗れたパラグアイは、ワールドグループ・プレーオフでスイスに5戦全敗を喫し、ここでワールドグループから転落してしまう。1990年に「アメリカン・グループ1」の準決勝でカナダに5戦全敗で敗れたデ杯戦を最後に、ペッチは35歳で現役を退いた。彼の引退後、パラグアイはデ杯ワールドグループ復帰を実現させたことがない。
rdfs:label
  • ビクトル・ペッチ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of