Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビオ・サバールの法則(ビオ・サバールのほうそく、英: Biot-Savart law)とは電流の存在によってその周りに生じる磁場を計算する為の電磁気学における法則である。この法則は静電場に対するクーロンの法則に対応する。この法則によって磁場は距離、方向、およびその電流の大きさなどに依存することが論じられる。この法則は静的な近似の元ではアンペールの法則および磁場に対するガウスの法則と同等のものである。1820年にフランスの物理学者ジャン=バティスト・ビオとフェリックス・サバールによって発見された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 101065 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57722589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビオ・サバールの法則(ビオ・サバールのほうそく、英: Biot-Savart law)とは電流の存在によってその周りに生じる磁場を計算する為の電磁気学における法則である。この法則は静電場に対するクーロンの法則に対応する。この法則によって磁場は距離、方向、およびその電流の大きさなどに依存することが論じられる。この法則は静的な近似の元ではアンペールの法則および磁場に対するガウスの法則と同等のものである。1820年にフランスの物理学者ジャン=バティスト・ビオとフェリックス・サバールによって発見された。
rdfs:label
  • ビオ・サバールの法則
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of