Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ビオトープの一覧。ビオトープ(英語:biotope)は生物の生息環境を意味する生物学の用語で生態系(ecosystem)やハビタット(habitat)とほぼ同義的に解される。日本では1990年代から環境共生の理念のもとで、公共事業の多自然型川づくり、ミティゲーション(開発事業による環境に対する影響を軽減するための保全行為)、里山保全活動などのとり組みが全国各地で繰り広げられていった。こうした取り組みの影響で、生物の生息環境を人工的に作り出す、さまざまな取り組み行われるようになった。こうしたピオトープの場合、人工的に形作られた川・水路などの流路形態や人口のため池、学校に設置された生物の観察池などを、より自然に近い形に戻し、それによって多様な自然の生物を復活させるというような、生息環境基盤の修復よって形成された生態系、を意味するようになった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2167056 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57832324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ビオトープの一覧。ビオトープ(英語:biotope)は生物の生息環境を意味する生物学の用語で生態系(ecosystem)やハビタット(habitat)とほぼ同義的に解される。日本では1990年代から環境共生の理念のもとで、公共事業の多自然型川づくり、ミティゲーション(開発事業による環境に対する影響を軽減するための保全行為)、里山保全活動などのとり組みが全国各地で繰り広げられていった。こうした取り組みの影響で、生物の生息環境を人工的に作り出す、さまざまな取り組み行われるようになった。こうしたピオトープの場合、人工的に形作られた川・水路などの流路形態や人口のため池、学校に設置された生物の観察池などを、より自然に近い形に戻し、それによって多様な自然の生物を復活させるというような、生息環境基盤の修復よって形成された生態系、を意味するようになった。
rdfs:label
  • ビオトープの一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of