Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒース(Heath)は、本来はイギリス北部、アイルランドなどにおける荒地のことで、独特の背の低い植物が群生する。また、そのような植物のことを指してそう呼ぶ場合もあり、秋に花を咲かせる野草。農耕に向かない痩せた土地、泥炭地によく生えるといわれる。日本でもそのような地に見られる背の低い草原をこのように呼ぶ場合もある。また、ドイツではハイデ (Heide)と呼ばれる。主要な構成要素、あるいはそう呼ばれる植物はエリカ属などである。ハーブ類として使われるのは、エリカ属の、ジャノメエリカ Erica canaliculata やエリカ Erica vulgaris を指すことが多く、ヘザー、ヒース又はエリカとも呼ばれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 544372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 658 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57360288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヒース(Heath)は、本来はイギリス北部、アイルランドなどにおける荒地のことで、独特の背の低い植物が群生する。また、そのような植物のことを指してそう呼ぶ場合もあり、秋に花を咲かせる野草。農耕に向かない痩せた土地、泥炭地によく生えるといわれる。日本でもそのような地に見られる背の低い草原をこのように呼ぶ場合もある。また、ドイツではハイデ (Heide)と呼ばれる。主要な構成要素、あるいはそう呼ばれる植物はエリカ属などである。ハーブ類として使われるのは、エリカ属の、ジャノメエリカ Erica canaliculata やエリカ Erica vulgaris を指すことが多く、ヘザー、ヒース又はエリカとも呼ばれている。
rdfs:label
  • ヒース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of