Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒラリー・ホワイトホール・パトナム(Hilary Whitehall Putnam、1926年7月31日 - )は、アメリカ合衆国の哲学者。1960年代以来、心の哲学、言語哲学、および科学哲学において、西洋哲学の中心人物であった。彼は他の者に対して行うのと同じくらい自分自身の哲学的立場についても、その欠陥が曝露されるまで厳格な分析による吟味を加えることで知られている。その結果、パトナムは頻繁に自分の立場を変更するという評判を得るに至った。心の哲学において、パトナムは、彼の多重実現可能性という仮説に基づいて、精神と身体の状態のタイプ同一説に対する反論を行ったことや、機能主義という心身問題に関する影響力のある理論でも知られている。言語哲学においてパトナムはクリプキ等の学者を踏襲して、指示の因果説という理論を発展させ、また双子地球(Twin Earth)論と呼ばれる有名な思考実験に基づいて意味論的外在主義という考えを生み出し、独創的な意味の理論をつくりあげた。数学の哲学において、彼の指導者であるクワインと共同でいわゆる「クワイン-パトナムの不可欠性テーゼ」を展開した。これは数学的対象の実在性を擁護する主張であったが、のちには転向して、数学はただ論理的であるだけでなく「疑似ー経験的」でもあるという考えを採用するようになった。認識論の分野では、パトナムは「水槽の脳」という思考実験で知られている。これは認識論的懐疑論を批判するものである。形而上学においては、形而上学的実在論と呼ばれる立場を当初擁護していたが、のちに転向し、みずから形而上学的実在論に対する最も辛辣な批判者の一人になった。まず彼は「内在的実在論」と呼ぶ考えを採用したが、あとになってこの立場も捨て、プラグマティストに触発されて直接的実在論に与した。パトナムの「直接的実在論」とは、心的表象や感覚与件といった、心と世界の間を繋ぐ媒介的概念を用いずに、人々が現実的に世界を経験する仕方で形而上学の研究をおこなおうとするものである。哲学以外では、パトナムは数学や計算機科学の領域でも業績がある。マーチン・デービスとともに、ブール代数の充足可能性問題を解決するためにデービス・パトナムのアルゴリズムを開発し、ヒルベルトのいわゆる第10問題が解決不能であることが証明される一助となった。政治活動に積極的だった時期があり、特に1960年代後半から70年代はじめにかけては進歩労働党(Progressive Labor Party、略称PLP)の活動に大きく関わった。
dbpedia-owl:birthYear
  • 0031-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathYear
  • 0013-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:era
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-owl:notableIdea
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1058081 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 51157 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 252 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58951505 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:color
  • #B0C4DE
prop-ja:imageName
  • Hilary Putnam.jpg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • Hilary Whitehall Putnam
prop-ja:地域
prop-ja:学派
prop-ja:影響を与えた人物
prop-ja:影響を受けた人物
prop-ja:時代
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:没年月日
  • --03-13
prop-ja:特記すべき概念
prop-ja:生年月日
  • --07-31
prop-ja:研究分野
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヒラリー・ホワイトホール・パトナム(Hilary Whitehall Putnam、1926年7月31日 - )は、アメリカ合衆国の哲学者。1960年代以来、心の哲学、言語哲学、および科学哲学において、西洋哲学の中心人物であった。彼は他の者に対して行うのと同じくらい自分自身の哲学的立場についても、その欠陥が曝露されるまで厳格な分析による吟味を加えることで知られている。その結果、パトナムは頻繁に自分の立場を変更するという評判を得るに至った。心の哲学において、パトナムは、彼の多重実現可能性という仮説に基づいて、精神と身体の状態のタイプ同一説に対する反論を行ったことや、機能主義という心身問題に関する影響力のある理論でも知られている。言語哲学においてパトナムはクリプキ等の学者を踏襲して、指示の因果説という理論を発展させ、また双子地球(Twin Earth)論と呼ばれる有名な思考実験に基づいて意味論的外在主義という考えを生み出し、独創的な意味の理論をつくりあげた。数学の哲学において、彼の指導者であるクワインと共同でいわゆる「クワイン-パトナムの不可欠性テーゼ」を展開した。これは数学的対象の実在性を擁護する主張であったが、のちには転向して、数学はただ論理的であるだけでなく「疑似ー経験的」でもあるという考えを採用するようになった。認識論の分野では、パトナムは「水槽の脳」という思考実験で知られている。これは認識論的懐疑論を批判するものである。形而上学においては、形而上学的実在論と呼ばれる立場を当初擁護していたが、のちに転向し、みずから形而上学的実在論に対する最も辛辣な批判者の一人になった。まず彼は「内在的実在論」と呼ぶ考えを採用したが、あとになってこの立場も捨て、プラグマティストに触発されて直接的実在論に与した。パトナムの「直接的実在論」とは、心的表象や感覚与件といった、心と世界の間を繋ぐ媒介的概念を用いずに、人々が現実的に世界を経験する仕方で形而上学の研究をおこなおうとするものである。哲学以外では、パトナムは数学や計算機科学の領域でも業績がある。マーチン・デービスとともに、ブール代数の充足可能性問題を解決するためにデービス・パトナムのアルゴリズムを開発し、ヒルベルトのいわゆる第10問題が解決不能であることが証明される一助となった。政治活動に積極的だった時期があり、特に1960年代後半から70年代はじめにかけては進歩労働党(Progressive Labor Party、略称PLP)の活動に大きく関わった。
rdfs:label
  • ヒラリー・パトナム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Hilary Whitehall Putnam
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is foaf:primaryTopic of