Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒマリア(Jupiter VI Himalia)は、木星の第6衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から11番目の軌道を回っている。ヒマリア群という小衛星の集団の中で最大のものである。この集団には他にも5つの衛星がある。1904年にチャールズ・ディロン・パーラインがリック天文台で発見した。ゼウスの3人の息子を産んだギリシア神話のニュンペー、ヒマリアから名付けられている。正式に命名されたのは1975年で、それ以前はJupiter VIとして知られていた。ヘスティアという仮称も使われていたが、同名の小惑星が存在するため正式名称にはならなかった。2000年12月9日、土星探査機カッシーニが、土星に向かう途中にヒマリアの映像を撮影した。だが、あまりに距離が離れていたため極めて解像度は低く、地表の情報を読み取ることは困難であった。2007年3月7日にも、ニュー・ホライズンズが冥王星に向かう途中で木星観測の一環としてヒマリアを撮影したが、これも距離が離れていたためにわずか数ピクセルの画像に留まった[1]。
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 173874 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1765 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54875133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.040000 (xsd:double)
prop-ja:ソートキー
prop-ja:主惑星
prop-ja:仮符号・別名
  • Hestia
  • Jupiter VI, J 6
prop-ja:公転周期
  • 250.570000 (xsd:double)
prop-ja:分類
prop-ja:和名
  • ヒマリア
prop-ja:平均公転半径
  • 1.148E7
prop-ja:平均密度
  • 2.6
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Himalia.png
prop-ja:画像説明
  • ヒマリア
  • (カッシーニ撮影)
prop-ja:発見日
  • --12-03
prop-ja:発見者
prop-ja:直径
  • 170.0
prop-ja:相対対象
  • 木星
prop-ja:相対質量
  • 3.549000 (xsd:double)
prop-ja:絶対等級
  • 14.200000 (xsd:double)
prop-ja:脱出速度
  • ~0.100 km/s
prop-ja:自転周期
  • 0.324000 (xsd:double)
prop-ja:
  • 衛星
prop-ja:英名
  • Himalia
prop-ja:表面重力
  • 0.062000 (xsd:double)
prop-ja:質量
  • 6.74
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 27.630000 (xsd:double)
prop-ja:近点・遠点対象
prop-ja:近点距離
  • 9666000.0
prop-ja:遠点距離
  • 1.3294E7
prop-ja:離心率
  • 0.158000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヒマリア(Jupiter VI Himalia)は、木星の第6衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から11番目の軌道を回っている。ヒマリア群という小衛星の集団の中で最大のものである。この集団には他にも5つの衛星がある。1904年にチャールズ・ディロン・パーラインがリック天文台で発見した。ゼウスの3人の息子を産んだギリシア神話のニュンペー、ヒマリアから名付けられている。正式に命名されたのは1975年で、それ以前はJupiter VIとして知られていた。ヘスティアという仮称も使われていたが、同名の小惑星が存在するため正式名称にはならなかった。2000年12月9日、土星探査機カッシーニが、土星に向かう途中にヒマリアの映像を撮影した。だが、あまりに距離が離れていたため極めて解像度は低く、地表の情報を読み取ることは困難であった。2007年3月7日にも、ニュー・ホライズンズが冥王星に向かう途中で木星観測の一環としてヒマリアを撮影したが、これも距離が離れていたためにわずか数ピクセルの画像に留まった[1]。
rdfs:label
  • ヒマリア (衛星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of