Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒマリア群(ヒマリアぐん、英語:Himalia group)は木星の衛星のグループである。軌道半長径が1100万から1200万km、軌道傾斜角が1.6度(27.5 ± 0.8)という狭い範囲に「密集」して存在する。離心率は0.11から0.25と幅広い。 国際天文学連合によると、このグループの名前は英語で全部aで終る。グループのメンバーは: レダ ヒマリア - 一番大きい。これに因んでグループが名付けられた。 リシテア エララ S/2000 J 11
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 596443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 430 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47078877 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヒマリア群(ヒマリアぐん、英語:Himalia group)は木星の衛星のグループである。軌道半長径が1100万から1200万km、軌道傾斜角が1.6度(27.5 ± 0.8)という狭い範囲に「密集」して存在する。離心率は0.11から0.25と幅広い。 国際天文学連合によると、このグループの名前は英語で全部aで終る。グループのメンバーは: レダ ヒマリア - 一番大きい。これに因んでグループが名付けられた。 リシテア エララ S/2000 J 11
rdfs:label
  • ヒマリア群
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:軌道の種類 of
is foaf:primaryTopic of