Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ヒナまつり』は大武政夫による日本の漫画作品。エンターブレイン発行の隔月誌『Fellows!』volume8(2009年12月発売)に読みきりとして掲載され、同誌volume11B(2010年6月発売)より正式に連載を開始する。『Fellows!』が年10回刊『ハルタ』へと誌名を変更した2013年以降も毎号連載中である。作者の大武は猿渡哲也のアシスタント出身。作者にとっての初連載作品にして初単行本化作品となった。
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2408097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59130850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • ヒナまつり
prop-ja:レーベル
  • ビームコミックス
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
  • 発売:角川グループパブリッシング
  • 発行:エンターブレイン、
prop-ja:巻数
  • --03-03
prop-ja:掲載誌
prop-ja:終了号
  • 連載中
prop-ja:開始号
  • volume11B
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ヒナまつり』は大武政夫による日本の漫画作品。エンターブレイン発行の隔月誌『Fellows!』volume8(2009年12月発売)に読みきりとして掲載され、同誌volume11B(2010年6月発売)より正式に連載を開始する。『Fellows!』が年10回刊『ハルタ』へと誌名を変更した2013年以降も毎号連載中である。作者の大武は猿渡哲也のアシスタント出身。作者にとっての初連載作品にして初単行本化作品となった。
rdfs:label
  • ヒナまつり
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヒナまつり
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of