Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒドロキシジン(Hydroxyzine、商品名:アタラックス又はアタラックス-P)は構造中にジフェニルメタンとピペラジンを含む第一世代抗ヒスタミン薬の一つである。1953年に初めて発見され、1956年に発売された。日本で承認を取得したのは1957年6月である。2015年現在も使用されている。中枢神経抑制効果が有り、強い抗不安作用と弱い強迫性障害抑制効果を持つので、抗精神病薬として、主に不安や神経症に伴う緊張の緩和、或いは不安症に伴う器質性疾患の症状軽減補助に用いられる。抗ヒスタミン作用が有るので瘙痒感、痛覚過敏、乗り物酔いに因る嘔気にも使われる。鎮静、催眠、抗不安効果を持つが、治療域内の用量では薬物乱用や薬物依存症の危険は無いとされる。オピオイド離脱症候群の低減にも使用される。又、オピオイドの鎮痛効果の増強と、オピオイドの副作用である瘙痒感、嘔気、嘔吐の軽減に用いられる。剤形は錠剤、注射剤、カプセル剤、シロップ剤、散剤が有り、錠剤及び注射剤が塩酸塩、その他がパモ酸塩である。後発品ではパモ酸塩が錠剤化されている。ヒドロキシジンの類薬としてシクリジン、バクリジン、メクリジンが有り、効能・効果、用法、禁忌、警告、副作用等が似通っている。第二世代のセチリジンはヒドロキシジンのヒトでの代謝産物の一つである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3212903 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20628 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58114461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • N05
prop-ja:atcSuffix
  • BB01
prop-ja:bioavailability
  • High in-vivo
prop-ja:c
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 68 (xsd:integer)
prop-ja:chebi
  • 5818 (xsd:integer)
prop-ja:chebiRef
  • :en:Template:ebicite
prop-ja:chembl
  • 896 (xsd:integer)
prop-ja:chemblRef
  • :en:Template:ebicite
prop-ja:chemspiderid
  • 3531 (xsd:integer)
prop-ja:cl
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • DB00557
prop-ja:drugbankRef
  • :en:Template:drugbankcite
prop-ja:eliminationHalfLife
  • -86400.0
prop-ja:excretion
prop-ja:h
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Hydroxyzine-3d-sticks.png
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • ZQDWXGKKHFNSQK-UHFFFAOYAL
prop-ja:iupacName
  • -2 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D08054
prop-ja:keggRef
  • :en:Template:keggcite
prop-ja:legalAu
  • S4
prop-ja:legalStatus
  • Rx-only
prop-ja:medlineplus
  • a682866
prop-ja:metabolism
prop-ja:molecularWeight
  • 374.904000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyAu
  • A
prop-ja:pregnancyUs
  • C
prop-ja:proteinBound
  • 93.0
prop-ja:pubchem
  • 3658 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
prop-ja:smiles
  • Clc1cccCN3CCNCCOCCO
prop-ja:stdinchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stdinchikey
  • ZQDWXGKKHFNSQK-UHFFFAOYSA-N
prop-ja:tradename
  • Vistaril, Atarax
prop-ja:unii
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedrevid
  • 461774177 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヒドロキシジン(Hydroxyzine、商品名:アタラックス又はアタラックス-P)は構造中にジフェニルメタンとピペラジンを含む第一世代抗ヒスタミン薬の一つである。1953年に初めて発見され、1956年に発売された。日本で承認を取得したのは1957年6月である。2015年現在も使用されている。中枢神経抑制効果が有り、強い抗不安作用と弱い強迫性障害抑制効果を持つので、抗精神病薬として、主に不安や神経症に伴う緊張の緩和、或いは不安症に伴う器質性疾患の症状軽減補助に用いられる。抗ヒスタミン作用が有るので瘙痒感、痛覚過敏、乗り物酔いに因る嘔気にも使われる。鎮静、催眠、抗不安効果を持つが、治療域内の用量では薬物乱用や薬物依存症の危険は無いとされる。オピオイド離脱症候群の低減にも使用される。又、オピオイドの鎮痛効果の増強と、オピオイドの副作用である瘙痒感、嘔気、嘔吐の軽減に用いられる。剤形は錠剤、注射剤、カプセル剤、シロップ剤、散剤が有り、錠剤及び注射剤が塩酸塩、その他がパモ酸塩である。後発品ではパモ酸塩が錠剤化されている。ヒドロキシジンの類薬としてシクリジン、バクリジン、メクリジンが有り、効能・効果、用法、禁忌、警告、副作用等が似通っている。第二世代のセチリジンはヒドロキシジンのヒトでの代謝産物の一つである。
rdfs:label
  • ヒドロキシジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of