Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒドララジン (hydralazine) はLD50 122.90 mg/kg(マウス・ラット:経口)の毒性の強い物質である。塩酸ヒドララジン(C8H9ClN4)は血管拡張薬の1つ。詳細な機序は不明であるが、細動脈を拡張させる作用を有する。高血圧の治療に用いられ、商品名はアプレゾリン、アソザート、プレスフォールなど。エシドライ(配合剤)。心不全の予後改善のために、ヒドララジンと硝酸剤を合わせて使用する。
dbpedia-owl:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1181918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58330647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagealt
  • ヒドララジンの構造式
prop-ja:imagefile
  • Hydralazine.svg
prop-ja:imagesize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ヒドララジン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
  • The Merck Index・Tenth Edition
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヒドララジン (hydralazine) はLD50 122.90 mg/kg(マウス・ラット:経口)の毒性の強い物質である。塩酸ヒドララジン(C8H9ClN4)は血管拡張薬の1つ。詳細な機序は不明であるが、細動脈を拡張させる作用を有する。高血圧の治療に用いられ、商品名はアプレゾリン、アソザート、プレスフォールなど。エシドライ(配合剤)。心不全の予後改善のために、ヒドララジンと硝酸剤を合わせて使用する。
rdfs:label
  • ヒドララジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヒドララジン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of