Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒッポカムポス(古希: ἱππόκαμπος, hippokampos, ラテン語: hippocampus) は、ギリシア神話に登場する半馬半魚の海馬である。ヒッポカンポスとも表記される。英語で hippocamp(ヒッポキャンプ) または hippocampus(ヒッポキャンパス)。sea-horse (シーホース、「海の馬」)と通称されることもある。ヒッポカンポスの前半分は馬の姿であるが、たてがみが数本に割れて鰭状になり、また前脚に水掻きがついている。胴体の後半分が魚の尾になっている。ノルウェーとイギリスの間の海に棲んでいて、ギリシア神話に登場する。ポセイドーンの乗る戦車を牽くことでも有名。その姿はワイト島とニューカッスル・アポン・タインの紋章の両側に見られる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 569181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58160203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヒッポカムポス(古希: ἱππόκαμπος, hippokampos, ラテン語: hippocampus) は、ギリシア神話に登場する半馬半魚の海馬である。ヒッポカンポスとも表記される。英語で hippocamp(ヒッポキャンプ) または hippocampus(ヒッポキャンパス)。sea-horse (シーホース、「海の馬」)と通称されることもある。ヒッポカンポスの前半分は馬の姿であるが、たてがみが数本に割れて鰭状になり、また前脚に水掻きがついている。胴体の後半分が魚の尾になっている。ノルウェーとイギリスの間の海に棲んでいて、ギリシア神話に登場する。ポセイドーンの乗る戦車を牽くことでも有名。その姿はワイト島とニューカッスル・アポン・タインの紋章の両側に見られる。
rdfs:label
  • ヒッポカムポス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of