Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒッグス粒子(ヒッグスりゅうし、英語: Higgs boson ヒッグス・ボゾン)とは、1964年にピーター・ヒッグスが提唱したヒッグス機構において要請される素粒子である。ヒッグス自身は「so-called Higgs boson(いわゆる ヒッグス粒子と呼ばれているもの)」と呼んでおり、他にも様々な呼称がある。本記事では便宜上ヒッグス機構・ヒッグス粒子の双方について説明する。質量の合理的な説明のために、ヒッグス機構という理論体系が提唱されており、その理論内で「ヒッグス場」や「ヒッグス粒子」が言及されているという関係になっているためである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 37498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12424 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56311786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:title
  • ヒッグス機構の記事は別にあるが関係は?
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヒッグス粒子(ヒッグスりゅうし、英語: Higgs boson ヒッグス・ボゾン)とは、1964年にピーター・ヒッグスが提唱したヒッグス機構において要請される素粒子である。ヒッグス自身は「so-called Higgs boson(いわゆる ヒッグス粒子と呼ばれているもの)」と呼んでおり、他にも様々な呼称がある。本記事では便宜上ヒッグス機構・ヒッグス粒子の双方について説明する。質量の合理的な説明のために、ヒッグス機構という理論体系が提唱されており、その理論内で「ヒッグス場」や「ヒッグス粒子」が言及されているという関係になっているためである。
rdfs:label
  • ヒッグス粒子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of