Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒェロニム・アウグスティン・ルボミルスキ(ポーランド語:Hieronim Augustyn Lubomirski, 1647年 - 1706年4月20日)は、ポーランド・リトアニア共和国の大貴族、政治家、軍事指導者、公(帝国諸侯)。王冠領野戦ヘトマンのイェジー・セバスティアン・ルボミルスキとコンスタンツィア・リゲンザの3男として生まれ、ヴィシニチュ、ヤロスワフおよびジェシュフの領主であった。プウォツクの聖職録修道院長およびマルタ騎士で、1676年より王冠領大旗手、1683年より王冠領宮内副長官、1692年より王冠領財務長官、1702年よりクラクフ県知事、クラクフ城代、王冠領野戦ヘトマンを務め、同年に共和国最高軍司令官である大ヘトマンに昇任した。ルボミルスキはヤン3世ソビェスキの指揮下でタタールやオスマン帝国軍と戦い、1673年のホチムの戦いにも参加した。また長兄スタニスワフ・ヘラクリュシュ同様、1665年に父が起こしたルボミルスキの反乱に参加することは拒んだ。1681年には通常セイムの議長に選ばれた。1683年のウィーンへの遠征に参加し、第二次ウィーン包囲で勇猛さを示してその名を轟かせた。また、それに続くハンガリーでの戦役(大トルコ戦争)にも従軍した。1697年の国王自由選挙では、フランス人のコンティ公フランソワ・ルイを支援した。1704年にはアウグスト2世に敵対するワルシャワ連盟を支持し、国王空位が宣言されるとスウェーデンの支援を受けてポーランド王位に就こうと画策した。しかし、スウェーデンがスタニスワフ・レシュチニスキを新王に選ぶと、失意のうちに政界から引退した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1773853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54191522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヒェロニム・アウグスティン・ルボミルスキ(ポーランド語:Hieronim Augustyn Lubomirski, 1647年 - 1706年4月20日)は、ポーランド・リトアニア共和国の大貴族、政治家、軍事指導者、公(帝国諸侯)。王冠領野戦ヘトマンのイェジー・セバスティアン・ルボミルスキとコンスタンツィア・リゲンザの3男として生まれ、ヴィシニチュ、ヤロスワフおよびジェシュフの領主であった。プウォツクの聖職録修道院長およびマルタ騎士で、1676年より王冠領大旗手、1683年より王冠領宮内副長官、1692年より王冠領財務長官、1702年よりクラクフ県知事、クラクフ城代、王冠領野戦ヘトマンを務め、同年に共和国最高軍司令官である大ヘトマンに昇任した。ルボミルスキはヤン3世ソビェスキの指揮下でタタールやオスマン帝国軍と戦い、1673年のホチムの戦いにも参加した。また長兄スタニスワフ・ヘラクリュシュ同様、1665年に父が起こしたルボミルスキの反乱に参加することは拒んだ。1681年には通常セイムの議長に選ばれた。1683年のウィーンへの遠征に参加し、第二次ウィーン包囲で勇猛さを示してその名を轟かせた。また、それに続くハンガリーでの戦役(大トルコ戦争)にも従軍した。1697年の国王自由選挙では、フランス人のコンティ公フランソワ・ルイを支援した。1704年にはアウグスト2世に敵対するワルシャワ連盟を支持し、国王空位が宣言されるとスウェーデンの支援を受けてポーランド王位に就こうと画策した。しかし、スウェーデンがスタニスワフ・レシュチニスキを新王に選ぶと、失意のうちに政界から引退した。
rdfs:label
  • ヒェロニム・アウグスティン・ルボミルスキ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of