Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パンクロニウム(英: pancuronium)とはステロイド骨格を持つ神経筋接合遮断薬の一つ。一般には臭素と化合させた臭化パンクロニウムとして用いられる。筋弛緩作用を持つため、手術を行いやすくする目的で麻酔薬と併用される。作用機序は運動終末板のコリン作動性受容体とアセチルコリンとの結合を競合的に拮抗することによる。コリンエステラーゼ阻害薬が存在すると、シナプスにおけるアセチルコリン濃度が高まるため、パンクロニウムの拮抗作用は低下する。アメリカでは薬物による死刑執行時に使用する薬物としても知られる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1118817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48474924 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • M03
prop-ja:atcSuffix
  • AC01
prop-ja:bioavailability
  • NA
prop-ja:c
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 16974 (xsd:integer)
prop-ja:casSupplemental
  • 15500 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • DB01337
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 1.500000 (xsd:double)
prop-ja:excretion
prop-ja:h
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Pancuronium-3D-sticks.png
prop-ja:iupacName
  • [-17-アセトキシ-10,13-ジメチル-2,16-ビス-2,3,4,5,6,7,8,9,11,12,14,15,16,17-テトラデカヒドロ-1H-シクロペンタ[a]フェナントレン-3-イル]酢酸
prop-ja:kegg
  • D00492
prop-ja:legalUk
  • POM
prop-ja:legalUs
  • Rx-only
prop-ja:metabolism
prop-ja:molecularWeight
  • 572.861000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyAu
  • B2
prop-ja:pregnancyUs
  • C
prop-ja:proteinBound
  • 77 (xsd:integer)
prop-ja:pubchem
  • 441289 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 静脈注射
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パンクロニウム(英: pancuronium)とはステロイド骨格を持つ神経筋接合遮断薬の一つ。一般には臭素と化合させた臭化パンクロニウムとして用いられる。筋弛緩作用を持つため、手術を行いやすくする目的で麻酔薬と併用される。作用機序は運動終末板のコリン作動性受容体とアセチルコリンとの結合を競合的に拮抗することによる。コリンエステラーゼ阻害薬が存在すると、シナプスにおけるアセチルコリン濃度が高まるため、パンクロニウムの拮抗作用は低下する。アメリカでは薬物による死刑執行時に使用する薬物としても知られる。
rdfs:label
  • パンクロニウム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of