Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パロキセチン(パロキセチン塩酸塩水和物、英:Paroxetine Hydrochloride Hydrate)は、イギリスのグラクソ・スミスクライン社(旧 スミスクライン・ビーチャム)で開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である。同社より商品名「パキシル(Paxil)」で発売されている。日本では2000年11月に薬価収載され、販売が開始された。薬事法における劇薬指定。また、グラクソ・スミスクライン社から2012年1月19日に、同年1月18日付で、徐放性製剤である「パキシルCR(Controlled Release)」錠の製造販売承認を取得したことが発表された。さらに、同年6月22日付の官報で、パキシルCR錠、およびパキシル(パロキセチン)の後発医薬品が薬価収載された。軽症のうつ病を説明する「心の風邪」というキャッチコピーは、1999年に明治製菓が同社のSSRIであるデプロメールのために最初に用い、特にパキシルを販売するためのグラクソスミスクラインによる強力なマーケティングで使用された。現在では、軽症のうつ病に対する抗うつ薬の効果には疑問が呈されており、安易な薬物療法は避けるよう推奨されている。他害行為と抗うつ剤との因果関係が否定できない症例が確認されたことから、2009年5月に厚生労働省より添付文書の改定を指示され、[重要な基本的注意]「自殺企図」の中に「攻撃性」のリスクが明示された。パロキセチンの断薬は、危険性の高い中断症候群を引き起こすことがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 287283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22505 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58931702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • N06
prop-ja:atcSuffix
  • AB05
prop-ja:bioavailability
  • Extensively absorbed from the GI tract, but extensive first-pass metabolism in the liver
prop-ja:c
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 61869 (xsd:integer)
prop-ja:chebi
  • 7936 (xsd:integer)
prop-ja:chembl
  • 490 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 39888 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • DB00715
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
prop-ja:f
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:h
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Paroxetine-3D-balls.png
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:iupacName
  • -3 (xsd:integer)
prop-ja:iupharLigand
  • 4790 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D02362
prop-ja:legalAu
  • S4
prop-ja:legalCa
  • 処方箋医薬品
prop-ja:legalStatus
  • 処方箋医薬品
prop-ja:legalUk
  • POM
prop-ja:legalUs
  • 処方箋医薬品
prop-ja:licenceUs
  • Paroxetine
prop-ja:medlineplus
  • a698032
prop-ja:metabolism
  • 主に肝臓のCYP2D6
prop-ja:molecularWeight
  • 329.300000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyAu
  • D
prop-ja:pregnancyCategory
  • C。胎盤・胎児移行あり(ラット)
prop-ja:pregnancyUs
  • D
prop-ja:proteinBound
  • 93 (xsd:integer)
prop-ja:pubchem
  • 43815 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • Oral
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:smiles
  • c1ccF
prop-ja:stdinchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stdinchikey
  • AHOUBRCZNHFOSL-YOEHRIQHSA-N
prop-ja:tradename
  • Paxil, Pexeva, Seroxat, Brisdelle, Rexetin
prop-ja:unii
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedfields
  • changed
prop-ja:verifiedrevid
  • 417832251 (xsd:integer)
prop-ja:watchedfields
  • changed
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:英語版タイトル
  • Paroxetine
prop-ja:英語版記事名
  • Paroxetine
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パロキセチン(パロキセチン塩酸塩水和物、英:Paroxetine Hydrochloride Hydrate)は、イギリスのグラクソ・スミスクライン社(旧 スミスクライン・ビーチャム)で開発された選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である。同社より商品名「パキシル(Paxil)」で発売されている。日本では2000年11月に薬価収載され、販売が開始された。薬事法における劇薬指定。また、グラクソ・スミスクライン社から2012年1月19日に、同年1月18日付で、徐放性製剤である「パキシルCR(Controlled Release)」錠の製造販売承認を取得したことが発表された。さらに、同年6月22日付の官報で、パキシルCR錠、およびパキシル(パロキセチン)の後発医薬品が薬価収載された。軽症のうつ病を説明する「心の風邪」というキャッチコピーは、1999年に明治製菓が同社のSSRIであるデプロメールのために最初に用い、特にパキシルを販売するためのグラクソスミスクラインによる強力なマーケティングで使用された。現在では、軽症のうつ病に対する抗うつ薬の効果には疑問が呈されており、安易な薬物療法は避けるよう推奨されている。他害行為と抗うつ剤との因果関係が否定できない症例が確認されたことから、2009年5月に厚生労働省より添付文書の改定を指示され、[重要な基本的注意]「自殺企図」の中に「攻撃性」のリスクが明示された。パロキセチンの断薬は、危険性の高い中断症候群を引き起こすことがある。
rdfs:label
  • パロキセチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of