Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パルメニデス(古希: Παρμενίδης、羅: Parmenidēs 紀元前500年か紀元前475年 - 没年不明)は、古代ギリシアの哲学者。南イタリアの都市エレア出身、エレア派の始祖。アナクサゴラスの弟子・クセノパネスに学んだとも、ピュタゴラス学派のアメイニアス(Ameinias)に師事したとも伝えられる。名門の家柄であり、祖国エレアのために法律を制定したともいわれる。クセノパネスやエンペドクレスにならって、詩の形で哲学を説いている。その中でも教訓詩『自然について』が断片として現存する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 364084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2911 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53230169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • no
prop-ja:b
  • no
prop-ja:commons
  • Category:Parmenides_of_Elea
prop-ja:n
  • no
prop-ja:q
  • no
prop-ja:s
  • el:Παρμενίδης
prop-ja:species
  • no
prop-ja:v
  • no
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikt
  • no
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パルメニデス(古希: Παρμενίδης、羅: Parmenidēs 紀元前500年か紀元前475年 - 没年不明)は、古代ギリシアの哲学者。南イタリアの都市エレア出身、エレア派の始祖。アナクサゴラスの弟子・クセノパネスに学んだとも、ピュタゴラス学派のアメイニアス(Ameinias)に師事したとも伝えられる。名門の家柄であり、祖国エレアのために法律を制定したともいわれる。クセノパネスやエンペドクレスにならって、詩の形で哲学を説いている。その中でも教訓詩『自然について』が断片として現存する。
rdfs:label
  • パルメニデス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is foaf:primaryTopic of