Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パルミトレイン酸(Palmitoleic acid)は、ヒトの脂肪組織のグリセリドに含まれるCH3(CH2)5CH=CH(CH2)7COOHの化学式を持つ不飽和脂肪酸である。あらゆる組織に存在するが、特に肝臓で濃度が高い。デルタ-9不飽和化酵素の働きによってパルミチン酸から生合成される。炎症を抑えることでインスリンの感受性を上げ、またインスリンを分泌する膵臓のβ細胞の破壊を阻害することが示されている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • hexadec-9-enoic acid
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 169176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59071970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Palmitoleic acid.svg
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • hexadec-9-enoic acid
prop-ja:othernames
  • 9 (xsd:integer)
  • C16:1
  • Palmitoleic acid
  • cis-Palmitoleic acid
prop-ja:verifiedrevid
  • 429951085 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • パルミトレイン酸(Palmitoleic acid)は、ヒトの脂肪組織のグリセリドに含まれるCH3(CH2)5CH=CH(CH2)7COOHの化学式を持つ不飽和脂肪酸である。あらゆる組織に存在するが、特に肝臓で濃度が高い。デルタ-9不飽和化酵素の働きによってパルミチン酸から生合成される。炎症を抑えることでインスリンの感受性を上げ、またインスリンを分泌する膵臓のβ細胞の破壊を阻害することが示されている。
rdfs:label
  • パルミトレイン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Palmitoleic acid
  • cis-Palmitoleic acid
  • 9-cis-Hexadecenoic acid
  • C16:1 (Lipid numbers)
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of