パルプとは、主に製紙に用いるために分離した植物繊維である。現在は主に木材を原料としてパルプを製造するが、水素結合を生じる繊維であれば製紙原料として使用できるため、草・藁・竹などの原料からパルプを抽出することも出来る。 1719年にフランス人のルネ・レオミュールはスズメバチの巣が木の繊維でできていることを発見し、木材パルプを使った紙を作ることを思いついた。1765年にドイツ人のがそれを実際に行い、巣から紙を作ることに成功する。1840年にドイツ人のがパルプを人工的に製造する方法を発見し、1854年に彼が砕木機を開発したことから紙を大量に製造できるようになった。

Property Value
dbo:abstract
  • パルプとは、主に製紙に用いるために分離した植物繊維である。現在は主に木材を原料としてパルプを製造するが、水素結合を生じる繊維であれば製紙原料として使用できるため、草・藁・竹などの原料からパルプを抽出することも出来る。 1719年にフランス人のルネ・レオミュールはスズメバチの巣が木の繊維でできていることを発見し、木材パルプを使った紙を作ることを思いついた。1765年にドイツ人のがそれを実際に行い、巣から紙を作ることに成功する。1840年にドイツ人のがパルプを人工的に製造する方法を発見し、1854年に彼が砕木機を開発したことから紙を大量に製造できるようになった。 (ja)
  • パルプとは、主に製紙に用いるために分離した植物繊維である。現在は主に木材を原料としてパルプを製造するが、水素結合を生じる繊維であれば製紙原料として使用できるため、草・藁・竹などの原料からパルプを抽出することも出来る。 1719年にフランス人のルネ・レオミュールはスズメバチの巣が木の繊維でできていることを発見し、木材パルプを使った紙を作ることを思いついた。1765年にドイツ人のがそれを実際に行い、巣から紙を作ることに成功する。1840年にドイツ人のがパルプを人工的に製造する方法を発見し、1854年に彼が砕木機を開発したことから紙を大量に製造できるようになった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 317161 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5023 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80381454 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • パルプとは、主に製紙に用いるために分離した植物繊維である。現在は主に木材を原料としてパルプを製造するが、水素結合を生じる繊維であれば製紙原料として使用できるため、草・藁・竹などの原料からパルプを抽出することも出来る。 1719年にフランス人のルネ・レオミュールはスズメバチの巣が木の繊維でできていることを発見し、木材パルプを使った紙を作ることを思いついた。1765年にドイツ人のがそれを実際に行い、巣から紙を作ることに成功する。1840年にドイツ人のがパルプを人工的に製造する方法を発見し、1854年に彼が砕木機を開発したことから紙を大量に製造できるようになった。 (ja)
  • パルプとは、主に製紙に用いるために分離した植物繊維である。現在は主に木材を原料としてパルプを製造するが、水素結合を生じる繊維であれば製紙原料として使用できるため、草・藁・竹などの原料からパルプを抽出することも出来る。 1719年にフランス人のルネ・レオミュールはスズメバチの巣が木の繊維でできていることを発見し、木材パルプを使った紙を作ることを思いついた。1765年にドイツ人のがそれを実際に行い、巣から紙を作ることに成功する。1840年にドイツ人のがパルプを人工的に製造する方法を発見し、1854年に彼が砕木機を開発したことから紙を大量に製造できるようになった。 (ja)
rdfs:label
  • パルプ (ja)
  • パルプ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:product of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:industry of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of