Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パルブアルブミン(Parvalbumin)は、カルシウム結合性の低分子量のアルブミンである。3つのEFハンドを持ち、構造的にはカルモジュリンやトロポニンCに近い。パルブアルブミンは速収縮筋に最も多く含まれ、脳や内分泌器にも含まれる。パルブアルブミンは小型で安定なタンパク質で、EFハンド型のカルシウム結合部位を持ち、カルシウムシグナルに関与する。ドメインAB、CD、EFの3つに分かれ、それぞれがヘリックス-ループ-ヘリックスのモチーフを持っている。ABドメインは2つのループ領域にアミノ酸欠損を持ち、CDドメインとEFドメインはそれぞれN末端とC末端を含んでいる。パルブアルブミンのようなカルシウム結合タンパク質は、細胞周期調整やセカンドメッセンジャーの生産、筋肉収縮、微小管の形成等、多くの生理的過程において役割を果たす。また、アルツハイマー病や神経疾患、加齢による認知障害やある種の癌等、様々な病気にも関わっている。パルブアルブミンは、神経系のGABA駆動性介在ニューロンに存在し、皮質のシャンデリア細胞や籠細胞では独占的に発現する。小脳ではプルキンエ細胞や分子層介在ニューロンで発現する。海馬では、対象とする錐体細胞のドメインごとに細分されている。脳波の中で、ガンマ波を発生させるとも考えられている。サル目の背外側前頭前皮質では、GABA細胞の約5%がパルブアルブミンを発現する介在ニューロンである。他のカルシウム結合タンパク質は、カルレチニン(背外側前頭前皮質では50%)やカルビンディンである。介在ニューロン自体も発現する神経ペプチド(ソマトスタチン、ニューロペプチドY、コレシストキニン)によって分類される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2366103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4998 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59171162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:arm
  • q
prop-ja:band
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • PARVALBUMIN
prop-ja:chromosome
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:entrezgene
  • 5816 (xsd:integer)
prop-ja:hgncid
  • 9704 (xsd:integer)
prop-ja:locussupplementarydata
  • -q13.1
prop-ja:name
  • parvalbumin
prop-ja:omim
  • 168890 (xsd:integer)
prop-ja:refseq
  • NM_002854
prop-ja:symbol
  • PVALB
prop-ja:uniprot
  • P20472
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パルブアルブミン(Parvalbumin)は、カルシウム結合性の低分子量のアルブミンである。3つのEFハンドを持ち、構造的にはカルモジュリンやトロポニンCに近い。パルブアルブミンは速収縮筋に最も多く含まれ、脳や内分泌器にも含まれる。パルブアルブミンは小型で安定なタンパク質で、EFハンド型のカルシウム結合部位を持ち、カルシウムシグナルに関与する。ドメインAB、CD、EFの3つに分かれ、それぞれがヘリックス-ループ-ヘリックスのモチーフを持っている。ABドメインは2つのループ領域にアミノ酸欠損を持ち、CDドメインとEFドメインはそれぞれN末端とC末端を含んでいる。パルブアルブミンのようなカルシウム結合タンパク質は、細胞周期調整やセカンドメッセンジャーの生産、筋肉収縮、微小管の形成等、多くの生理的過程において役割を果たす。また、アルツハイマー病や神経疾患、加齢による認知障害やある種の癌等、様々な病気にも関わっている。パルブアルブミンは、神経系のGABA駆動性介在ニューロンに存在し、皮質のシャンデリア細胞や籠細胞では独占的に発現する。小脳ではプルキンエ細胞や分子層介在ニューロンで発現する。海馬では、対象とする錐体細胞のドメインごとに細分されている。脳波の中で、ガンマ波を発生させるとも考えられている。サル目の背外側前頭前皮質では、GABA細胞の約5%がパルブアルブミンを発現する介在ニューロンである。他のカルシウム結合タンパク質は、カルレチニン(背外側前頭前皮質では50%)やカルビンディンである。介在ニューロン自体も発現する神経ペプチド(ソマトスタチン、ニューロペプチドY、コレシストキニン)によって分類される。
rdfs:label
  • パルブアルブミン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of