Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パリー・オブライエン(William Patrick "Parry" O'Brien, 1932年1月28日 - 2007年4月21日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身の元砲丸投選手。1952年ヘルシンキオリンピックから4大会連続でオリンピックに出場し、通算で2つの金メダルと1つの銀メダルを獲得した選手である。オブライエンが考え出した、投げる方向に向かって背を向けた姿勢から準備動作に移る投法(グライド動作を用いた投法)は「オブライエン投法」とも呼ばれる。彼はこの投法で1953年にはじめて18mの壁を突破し、自身初となる18.00mの世界新記録を樹立。1956年には19mも突破し、1959年までに15回の世界記録を達成した。この投法はその後普及してゆき、現在では回転投法とともに砲丸投の標準的な投法となっている。1959年にジェームスサリバン賞を受賞。1964年の東京オリンピックではアメリカ選手団の旗手を務めた。1966年に引退。1990年代に水泳を始めたが、2007年4月21日、マスターズ水泳の500ヤード自由形に参加中、心臓発作を起こし75歳で死去した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 887220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52322672 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:showMedals
  • yes
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:フルネーム
  • ウイリアム・パトリック・オブライエン
prop-ja:体重
  • 114.0
prop-ja:氏名
  • パリー・オブライエン
prop-ja:没年月日
  • 2007-04-21 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1932-01-28 (xsd:date)
prop-ja:生誕地
  • カリフォルニア州サンタモニカ
prop-ja:種目
prop-ja:自己ベスト
  • 1209.0
prop-ja:身長
  • 192.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パリー・オブライエン(William Patrick "Parry" O'Brien, 1932年1月28日 - 2007年4月21日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身の元砲丸投選手。1952年ヘルシンキオリンピックから4大会連続でオリンピックに出場し、通算で2つの金メダルと1つの銀メダルを獲得した選手である。オブライエンが考え出した、投げる方向に向かって背を向けた姿勢から準備動作に移る投法(グライド動作を用いた投法)は「オブライエン投法」とも呼ばれる。彼はこの投法で1953年にはじめて18mの壁を突破し、自身初となる18.00mの世界新記録を樹立。1956年には19mも突破し、1959年までに15回の世界記録を達成した。この投法はその後普及してゆき、現在では回転投法とともに砲丸投の標準的な投法となっている。1959年にジェームスサリバン賞を受賞。1964年の東京オリンピックではアメリカ選手団の旗手を務めた。1966年に引退。1990年代に水泳を始めたが、2007年4月21日、マスターズ水泳の500ヤード自由形に参加中、心臓発作を起こし75歳で死去した。
rdfs:label
  • パリー・オブライエン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of