Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パリアカカ(パリカカ、パリア・カカとも)(Pariacaca, Paryaqaqa, Pariya Qaqa, Pariakakaなど)は、インカ神話のうちペルー中部高地のワロチリ地方に伝わる神話に登場する神(ワカあるいはアプ)である。16世紀末から17世紀初頭にかけてフランシスコ・デ・アビラ神父がケチュア語のままで神話を記録したとされている。彼は4人いるとされる創造神の1人でもある。創造神は戦いによって次々に入れ替わったが、パリアカカも水の力をもって先代のワリャリョ・カルウィンチョの火の力を破っている。しかし彼の次の代であるコニラヤとの戦いは語られないまま、コニラヤの代となった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1034596 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47657568 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パリアカカ(パリカカ、パリア・カカとも)(Pariacaca, Paryaqaqa, Pariya Qaqa, Pariakakaなど)は、インカ神話のうちペルー中部高地のワロチリ地方に伝わる神話に登場する神(ワカあるいはアプ)である。16世紀末から17世紀初頭にかけてフランシスコ・デ・アビラ神父がケチュア語のままで神話を記録したとされている。彼は4人いるとされる創造神の1人でもある。創造神は戦いによって次々に入れ替わったが、パリアカカも水の力をもって先代のワリャリョ・カルウィンチョの火の力を破っている。しかし彼の次の代であるコニラヤとの戦いは語られないまま、コニラヤの代となった。
rdfs:label
  • パリアカカ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of