Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パラクマリルアルコール(Paracoumaryl alcohol)は、モノリグノールの1つであるフィトケミカルである。フェニルプロパノイド生合成経路によって合成される。重合すると、リグニンまたはリグナンとなる。パラクマリルアルコールと脂肪酸のエステルは、リンゴの表面を覆う表在クチクラワックスのベースである。またパラクマリルアルコールは、カビコール、スチルベノイド、クマリンの生合成の中間体となる。研究により、パラクマリルアルコールの誘導体は、食用の抗酸化物質として作用することが示されている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 4-[(E)-3-Hydroxyprop-1-enyl]phenol
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3018780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52189405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • P-Coumaryl alcohol.svg
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedrevid
  • 399521780 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • パラクマリルアルコール(Paracoumaryl alcohol)は、モノリグノールの1つであるフィトケミカルである。フェニルプロパノイド生合成経路によって合成される。重合すると、リグニンまたはリグナンとなる。パラクマリルアルコールと脂肪酸のエステルは、リンゴの表面を覆う表在クチクラワックスのベースである。またパラクマリルアルコールは、カビコール、スチルベノイド、クマリンの生合成の中間体となる。研究により、パラクマリルアルコールの誘導体は、食用の抗酸化物質として作用することが示されている。
rdfs:label
  • パラクマリルアルコール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of