Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パラオ大空襲(パラオだいくうしゅう)は、太平洋戦争後期の1944年3月30日-3月31日にアメリカ海軍の空母機動部隊が行った、パラオの日本軍に対する大規模な航空攻撃である。4月1日にかけてヤップ島・ウォレアイ環礁・ウルシー環礁も同時に攻撃目標とされた。アメリカ海軍の作戦名はディセクレイト・ワン作戦(英語: Operation Desecrate One)。アメリカ軍の目的はニューギニア島のホーランジア上陸作戦の準備として、ホーランジアに近いパラオの日本側の航空、海上戦力を制圧することであった。パラオは日本海軍の重要泊地であったが、碇泊中の輸送船・支援艦船多数が撃沈され、機能を喪失した。復旧妨害のため、史上初の空母搭載機による機雷敷設も行われた。本空襲は、古賀峯一連合艦隊司令長官が殉職する海軍乙事件の発端ともなり、その後の日本海軍の作戦計画に多大な悪影響を残した。
dbpedia-owl:casualties
  • 1 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
  • 147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:description
  • コロール上空を飛行中の空母「ヨークタウン」所属F6F戦闘機と、炎上する港湾部の日本側地上施設。
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • アメリカ軍の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 巡洋艦 15, 駆逐艦 48
  • 戦艦1,巡洋艦5
  • 潜水艦9
  • 空母11, 戦艦 6
  • 航空機 約270
  • 航空機 約700
  • 駆潜艇2, 補助艦船多数
  • 駆逐艦8,哨戒艇2
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2507377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59102384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • パラオ大空襲
prop-ja:campaign
  • マリアナ・パラオ諸島の戦い
prop-ja:caption
prop-ja:casualties
  • 損傷
  • 沈没
  • 潜水艦 1
  • 航空機 25
  • 戦艦 1, 哨戒艇 1
  • 撃墜・全損
  • 支援艦 9, 輸送船 16
  • 沈没・擱座
  • 航空機 147
  • 駆潜艇 1, 小型艇 16
  • 駆潜艇 1, 支援艦 1ほか
  • 駆逐艦 1, 哨戒艇 1
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffff99;color:#2222cc
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --03-30
prop-ja:place
prop-ja:result
  • アメリカ軍の勝利
prop-ja:strength
  • 巡洋艦 15, 駆逐艦 48
  • 戦艦 1, 巡洋艦 5
  • 潜水艦 9
  • 空母 11, 戦艦 6
  • 航空機 約270
  • 航空機 約700
  • 駆潜艇 2, 補助艦船多数
  • 駆逐艦 8, 哨戒艇 2
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • パラオ大空襲(パラオだいくうしゅう)は、太平洋戦争後期の1944年3月30日-3月31日にアメリカ海軍の空母機動部隊が行った、パラオの日本軍に対する大規模な航空攻撃である。4月1日にかけてヤップ島・ウォレアイ環礁・ウルシー環礁も同時に攻撃目標とされた。アメリカ海軍の作戦名はディセクレイト・ワン作戦(英語: Operation Desecrate One)。アメリカ軍の目的はニューギニア島のホーランジア上陸作戦の準備として、ホーランジアに近いパラオの日本側の航空、海上戦力を制圧することであった。パラオは日本海軍の重要泊地であったが、碇泊中の輸送船・支援艦船多数が撃沈され、機能を喪失した。復旧妨害のため、史上初の空母搭載機による機雷敷設も行われた。本空襲は、古賀峯一連合艦隊司令長官が殉職する海軍乙事件の発端ともなり、その後の日本海軍の作戦計画に多大な悪影響を残した。
rdfs:label
  • パラオ大空襲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • パラオ大空襲
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of