Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パドヴァのマルシリウス(伊:Marsilio da Padova、羅:Marsilius Patavinus、英:Marsilius of Padua、1275年あるいは1280年、1290年 - 1342年あるいは1343年)は、中世イタリアの哲学者、神学者。マルシリウスの主著『平和の擁護者』は、人民主権理論の先駆であると考えられており、西洋政治思想史において決定的な役割を担ったとされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1107459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58628264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パドヴァのマルシリウス(伊:Marsilio da Padova、羅:Marsilius Patavinus、英:Marsilius of Padua、1275年あるいは1280年、1290年 - 1342年あるいは1343年)は、中世イタリアの哲学者、神学者。マルシリウスの主著『平和の擁護者』は、人民主権理論の先駆であると考えられており、西洋政治思想史において決定的な役割を担ったとされる。
rdfs:label
  • パドヴァのマルシリウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of