Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • MIM-104 パトリオット(MIM-104 Patriot)は、米レイセオン社がMIM-14 ナイキ・ハーキュリーズの後継としてアメリカ陸軍向けに開発した広域防空用の地対空ミサイルシステムである。ミサイル防衛では終末航程に対応し、20-35kmの範囲を防御する。湾岸戦争時にイラク軍が発射したスカッドミサイルを撃墜したことにより有名になった。米国のほか、日本を含む同盟国など世界10ヶ国以上で運用されている。パトリオットミサイルは厳密にはミサイルそのものを指すが、付帯するミサイル発射システムを含めてパトリオットミサイルと呼ぶ場合もあるため、本項では発射システムを含めて解説する。「MIM-104」はミサイルの形式名称、「Patriot」はその愛称で、「Phased Array Tracking Radar Intercept On Target」(直訳:目標物を迎撃する追跡位相配列レーダー)の頭文字をとったものといわれている。Patriotは英語で「愛国者」を意味し、原語での発音をカタカナで表記すると「ペイトリオット」に近い。日本では報道など一般的には「パトリオット」表記を用い、航空自衛隊など政府公式資料においては英語の発音に近似した「ペトリオット」表記を用いている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 274169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58831777 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 問題として迎撃率が低かったこと、誘導システムの計算不備による味方への誤爆例http://www.sydrose.com/case100/298/、破片による味方への被害は広く報道されている
dcterms:subject
rdfs:comment
  • MIM-104 パトリオット(MIM-104 Patriot)は、米レイセオン社がMIM-14 ナイキ・ハーキュリーズの後継としてアメリカ陸軍向けに開発した広域防空用の地対空ミサイルシステムである。ミサイル防衛では終末航程に対応し、20-35kmの範囲を防御する。湾岸戦争時にイラク軍が発射したスカッドミサイルを撃墜したことにより有名になった。米国のほか、日本を含む同盟国など世界10ヶ国以上で運用されている。パトリオットミサイルは厳密にはミサイルそのものを指すが、付帯するミサイル発射システムを含めてパトリオットミサイルと呼ぶ場合もあるため、本項では発射システムを含めて解説する。「MIM-104」はミサイルの形式名称、「Patriot」はその愛称で、「Phased Array Tracking Radar Intercept On Target」(直訳:目標物を迎撃する追跡位相配列レーダー)の頭文字をとったものといわれている。Patriotは英語で「愛国者」を意味し、原語での発音をカタカナで表記すると「ペイトリオット」に近い。日本では報道など一般的には「パトリオット」表記を用い、航空自衛隊など政府公式資料においては英語の発音に近似した「ペトリオット」表記を用いている。
rdfs:label
  • パトリオットミサイル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of