Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パッツィー・クライン(Patsy Cline, 1932年9月8日 - 1963年3月5日)は、アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手。本名バージニア・パターソン・ヘンスリー(Virginia Patterson Hensley)。1960年代初頭のナッシュビル・サウンドの一端を担い、ポップ・ミュージックとのクロスオーバーに成功。30歳の頃、キャリアの絶頂期にプライベート航空機の事故により死去。20世紀で最も影響力があり、成功し賞賛を受けた歌手の1人である。豊かな音色、感情豊かな表現力、力強いアルト、カントリー・ミュージック業界の先駆者として知られる。また彼女はこのジャンルの女性歌手の地位を築いたとされる。さらに彼女の曲は様々なジャンルの歌手から刺激を受けているとされる。書籍、映画、ドキュメンタリー、記事、舞台などで彼女の人生およびキャリアが描かれている。彼女のヒット曲は1957年のドン・ヘクトの『Walkin' After Midnight 』に始まり、ハーラン・ハワードの『I Fall to Pieces 』、ハンク・コクランの『She's Got You 』、ウィリー・ネルソンの『Crazy 』と続き、1963年、ドン・ギブソンの『Sweet Dreams 』が最後となった。彼女の死後もなお、何百万もの売り上げを伸ばし続けている。様々な賞や称賛を得ており、ジョニー・キャッシュやエルヴィス・プレスリーなどと同様なアイコンとして見る向きもある。彼女の死から10年後の1973年、カントリー・ミュージック殿堂入りした初の女性ソロ・アーティストとなった。1999年、VH1の特別番組『The 100 Greatest Women in Rock and Roll 』でロック業界関係者やアーティストによる投票で第11位となった。2002年、CMTの『The 40 Greatest Women of Country Music 』のカントリー・ミュージック・アーティストおよび業界関係者による投票で第1位となり、『ローリング・ストーン』誌の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第46位となった。1973年のカントリー・ミュージック殿堂の額によると「古さを感じさせない彼女の遺作は彼女の芸術的才能の証しである」。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1963-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1947-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:alias
  • Ginny, Patsy
dbpedia-owl:background
  • singer
dbpedia-owl:hometown
dbpedia-owl:instrument
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2718478 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22256 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57620989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alias
  • Ginny, Patsy
prop-ja:background
  • singer
prop-ja:birthName
  • Virginia Patterson Hensley
prop-ja:died
  • 1963-03-05 (xsd:date)
prop-ja:img
  • Patsy Cline publicity photo.jpg
prop-ja:instrument
prop-ja:label
  • 4 (xsd:integer)
  • デッカ・レコード ( )
prop-ja:name
  • Patsy Cline
  • パッツィー・クライン
prop-ja:occupation
prop-ja:origin
  • ウィンチェスター (バージニア州)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 1947 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • パッツィー・クライン(Patsy Cline, 1932年9月8日 - 1963年3月5日)は、アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手。本名バージニア・パターソン・ヘンスリー(Virginia Patterson Hensley)。1960年代初頭のナッシュビル・サウンドの一端を担い、ポップ・ミュージックとのクロスオーバーに成功。30歳の頃、キャリアの絶頂期にプライベート航空機の事故により死去。20世紀で最も影響力があり、成功し賞賛を受けた歌手の1人である。豊かな音色、感情豊かな表現力、力強いアルト、カントリー・ミュージック業界の先駆者として知られる。また彼女はこのジャンルの女性歌手の地位を築いたとされる。さらに彼女の曲は様々なジャンルの歌手から刺激を受けているとされる。書籍、映画、ドキュメンタリー、記事、舞台などで彼女の人生およびキャリアが描かれている。彼女のヒット曲は1957年のドン・ヘクトの『Walkin' After Midnight 』に始まり、ハーラン・ハワードの『I Fall to Pieces 』、ハンク・コクランの『She's Got You 』、ウィリー・ネルソンの『Crazy 』と続き、1963年、ドン・ギブソンの『Sweet Dreams 』が最後となった。彼女の死後もなお、何百万もの売り上げを伸ばし続けている。様々な賞や称賛を得ており、ジョニー・キャッシュやエルヴィス・プレスリーなどと同様なアイコンとして見る向きもある。彼女の死から10年後の1973年、カントリー・ミュージック殿堂入りした初の女性ソロ・アーティストとなった。1999年、VH1の特別番組『The 100 Greatest Women in Rock and Roll 』でロック業界関係者やアーティストによる投票で第11位となった。2002年、CMTの『The 40 Greatest Women of Country Music 』のカントリー・ミュージック・アーティストおよび業界関係者による投票で第1位となり、『ローリング・ストーン』誌の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第46位となった。1973年のカントリー・ミュージック殿堂の額によると「古さを感じさせない彼女の遺作は彼女の芸術的才能の証しである」。
rdfs:label
  • パッツィー・クライン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:givenName
  • Virginia Patterson Hensley
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Patsy Cline
  • パッツィー・クライン
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:associatedActs of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of