Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パッサウ条約(ドイツ語: Passauer Vertrag)とは、1552年にローマ王フェルディナント(後の神聖ローマ皇帝フェルディナント1世)とザクセン選帝侯モーリッツの間で結ばれた条約。カトリックとプロテスタントの共存が定められたもので、アウクスブルク宗教平和令の雛型となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1406248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53464486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パッサウ条約(ドイツ語: Passauer Vertrag)とは、1552年にローマ王フェルディナント(後の神聖ローマ皇帝フェルディナント1世)とザクセン選帝侯モーリッツの間で結ばれた条約。カトリックとプロテスタントの共存が定められたもので、アウクスブルク宗教平和令の雛型となった。
rdfs:label
  • パッサウ条約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of