Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『パックランド』(PAC-LAND)は1984年8月にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が稼動を開始したアーケードゲーム。それまでドットイートゲームとして開発されてきた『パックマン』シリーズとは異なり、純粋な横スクロールアクションゲームとして開発された。迷子になった妖精をフェアリーの国まで連れて行き、無事に送り届けることが目的である。キャッチフレーズの「不思議なことが当たり前」のとおり、進行と共に様々に変化する冒険心を感じさせる色彩豊かなステージや、パックマンのちょっとした行動に連動させた非常に多くの隠しフィーチャーを盛り込んでいるという点が特徴的である。また、同社の名前を捩ったボーナス得点「7,650点」(ナムコ=765の意味)を作中で多用し、印象付けている点も特徴のひとつである。
dbpedia-owl:composer
dbpedia-owl:computingMedia
dbpedia-owl:computingPlatform
dbpedia-owl:cpu
dbpedia-owl:developer
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 530574 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58999091 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:arconly
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:artist
  • 小野浩
prop-ja:composer
prop-ja:cpu
prop-ja:date
  • 1984 (xsd:integer)
prop-ja:designer
  • 根来司
prop-ja:dev
prop-ja:device
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:display
prop-ja:fam
  • 30 (xsd:integer)
  • (シルバー殿堂)
prop-ja:genre
prop-ja:media
prop-ja:plat
prop-ja:play
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:programmer
prop-ja:pub
  • ミッドウェイゲームズ
  • ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)
prop-ja:rev
prop-ja:rev1score
  • 33 (xsd:integer)
prop-ja:rev2score
  • 21.660000 (xsd:double)
prop-ja:sound
  • Namco WSG
prop-ja:title
  • PCエンジン版
  • PAC-LAND
  • パックランド
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:備考
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考3のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考4のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考5のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考6のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考7のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:副題
  • SUPER1500
prop-ja:話数
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • No.
prop-ja:題名
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『パックランド』(PAC-LAND)は1984年8月にナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が稼動を開始したアーケードゲーム。それまでドットイートゲームとして開発されてきた『パックマン』シリーズとは異なり、純粋な横スクロールアクションゲームとして開発された。迷子になった妖精をフェアリーの国まで連れて行き、無事に送り届けることが目的である。キャッチフレーズの「不思議なことが当たり前」のとおり、進行と共に様々に変化する冒険心を感じさせる色彩豊かなステージや、パックマンのちょっとした行動に連動させた非常に多くの隠しフィーチャーを盛り込んでいるという点が特徴的である。また、同社の名前を捩ったボーナス得点「7,650点」(ナムコ=765の意味)を作中で多用し、印象付けている点も特徴のひとつである。
rdfs:label
  • パックランド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • PAC-LAND
  • パックランド
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of