Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エルンスト・パスクアル・ヨルダン(Ernst Pascual Jordan、1902年10月18日 - 1980年7月31日)は、ドイツの物理学者。姓はジョルダンとも表記される。量子力学に数学的基礎を与えた物理学者の一人である。ヨルダン代数で知られる。ハノーファーで生れた。ハノーファー工科大学で学んだ後、ゲッティンゲン大学で学位をとった。マックス・プランク、ヴェルナー・ハイゼンベルクのもとで研究した。1929年ロストック大学の教授となった。1933年ナチ党に参加し、突撃隊のメンバーになった。1942年マックス・プランク・メダルを受賞し、1944年、マックス・フォン・ラウエの後をついでベルリン大学の教授になった。戦後は大戦中の政治的立場から公職を追われ、1947年からはハンブルク大学の客員教授の立場となり、1953年になってハンブルク大学の教授職についた。戦後も反動的な立場で政治的な発言を行った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 290258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56024960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • エルンスト・パスクアル・ヨルダン(Ernst Pascual Jordan、1902年10月18日 - 1980年7月31日)は、ドイツの物理学者。姓はジョルダンとも表記される。量子力学に数学的基礎を与えた物理学者の一人である。ヨルダン代数で知られる。ハノーファーで生れた。ハノーファー工科大学で学んだ後、ゲッティンゲン大学で学位をとった。マックス・プランク、ヴェルナー・ハイゼンベルクのもとで研究した。1929年ロストック大学の教授となった。1933年ナチ党に参加し、突撃隊のメンバーになった。1942年マックス・プランク・メダルを受賞し、1944年、マックス・フォン・ラウエの後をついでベルリン大学の教授になった。戦後は大戦中の政治的立場から公職を追われ、1947年からはハンブルク大学の客員教授の立場となり、1953年になってハンブルク大学の教授職についた。戦後も反動的な立場で政治的な発言を行った。
rdfs:label
  • パスクアル・ヨルダン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:doctoralStudent of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:doctoralStudents of
is foaf:primaryTopic of