Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パスカリス1世(Paschal I、生年不詳 - 824年)は、第98代ローマ教皇(在位817年 - 824年)。822年、教皇ハドリアヌス1世から再建の始まったサンタ・プラッセーデ教会を完成させた。教会内に母テオドラの墓所としてサン・ゼノーネ礼拝堂を建設した。教会のアプスのモザイクをビザンツ様式で製作しており、これは、この時代のローマのモザイクで最も重要なものの1つである。また、カタコンベの発掘に務め、膨大な数の殉教者の遺骨を移転したことで知られる。サンタ・チェチリア・イン・トラステヴェレ教会に聖女チェチリアの遺体を運び教会を再建したことも、その一つである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2282513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52551976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイトル
  • 第98代ローマ教皇
prop-ja:先代
prop-ja:就任
  • --01-25
prop-ja:日本語名
  • パスカリス1世
prop-ja:次代
prop-ja:没地
  • イタリア、ローマ
prop-ja:没年月日
  • --02-11
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:離任
  • --02-11
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パスカリス1世(Paschal I、生年不詳 - 824年)は、第98代ローマ教皇(在位817年 - 824年)。822年、教皇ハドリアヌス1世から再建の始まったサンタ・プラッセーデ教会を完成させた。教会内に母テオドラの墓所としてサン・ゼノーネ礼拝堂を建設した。教会のアプスのモザイクをビザンツ様式で製作しており、これは、この時代のローマのモザイクで最も重要なものの1つである。また、カタコンベの発掘に務め、膨大な数の殉教者の遺骨を移転したことで知られる。サンタ・チェチリア・イン・トラステヴェレ教会に聖女チェチリアの遺体を運び教会を再建したことも、その一つである。
rdfs:label
  • パスカリス1世 (ローマ教皇)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is foaf:primaryTopic of