Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パクリタキセル (paclitaxel、略称: TXL、TAX、PTX、PAC) は、がん化学療法において用いられる有糸分裂阻害剤の一つである。タキサン系に類する抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)一種。リサーチトライアングル研究所におけるアメリカ国立がん研究所のプログラムにおいて1967年に発見された。モンロー・エリオット・ウォールとマンスック・C・ワニは、セイヨウイチイ (Taxus brevifolia) の樹皮からパクリタキセルを単離し、「taxol(タキソール)」と命名した。後に、樹皮中の内生菌がパクリタキセルを合成していることが発見された。ブリストル・マイヤーズ スクイブ (BMS) 社によって商業的開発された際、一般名がPaclitaxel(パクリタキセル)へと変更され、BMS社の化合物はTaxol(タキソール)という商標で販売されている。パクリタキセルは水にほとんど溶けない為、この製剤では、ポリオキシエチレンヒマシ油とエタノールに溶解されている。パクリタキセルをアルブミンに結合させたより新しい製剤は「アブラキサン」の商標で販売されている。パクリタキセルは肺がん、卵巣がん、乳がん、頭頸部がん、進行性カポジ肉腫患者の治療に用いられている。また再狭窄の予防にも用いられている。パクリタキセルは微小管を安定させ、その結果として細胞分裂の間の微小管の正常な分裂を妨げる。ドセタキセル(商品名: タキソテール)と共に医薬品分類のタキサン類を構成する。フロリダ州立大学のロバート・ホルトンによって初めて全合成された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 97791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59201901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • L01
prop-ja:atcSuffix
  • CD01
prop-ja:bioavailability
  • -
prop-ja:casNumber
  • 33069 (xsd:integer)
prop-ja:chemicalFormula
  • C47H51NO14
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 5.800000 (xsd:double)
prop-ja:excretion
  • 胆汁
prop-ja:iupacName
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • --4,10-Diacetoxy-
prop-ja:kegg
  • D00491
prop-ja:legalStatus
prop-ja:metabolism
  • 肝臓
prop-ja:molecularWeight
  • 853.906000 (xsd:double)
prop-ja:pregnancyCategory
  • D(米国)
prop-ja:proteinBound
  • 89 (xsd:integer)
prop-ja:pubchem
  • 36314 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パクリタキセル (paclitaxel、略称: TXL、TAX、PTX、PAC) は、がん化学療法において用いられる有糸分裂阻害剤の一つである。タキサン系に類する抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)一種。リサーチトライアングル研究所におけるアメリカ国立がん研究所のプログラムにおいて1967年に発見された。モンロー・エリオット・ウォールとマンスック・C・ワニは、セイヨウイチイ (Taxus brevifolia) の樹皮からパクリタキセルを単離し、「taxol(タキソール)」と命名した。後に、樹皮中の内生菌がパクリタキセルを合成していることが発見された。ブリストル・マイヤーズ スクイブ (BMS) 社によって商業的開発された際、一般名がPaclitaxel(パクリタキセル)へと変更され、BMS社の化合物はTaxol(タキソール)という商標で販売されている。パクリタキセルは水にほとんど溶けない為、この製剤では、ポリオキシエチレンヒマシ油とエタノールに溶解されている。パクリタキセルをアルブミンに結合させたより新しい製剤は「アブラキサン」の商標で販売されている。パクリタキセルは肺がん、卵巣がん、乳がん、頭頸部がん、進行性カポジ肉腫患者の治療に用いられている。また再狭窄の予防にも用いられている。パクリタキセルは微小管を安定させ、その結果として細胞分裂の間の微小管の正常な分裂を妨げる。ドセタキセル(商品名: タキソテール)と共に医薬品分類のタキサン類を構成する。フロリダ州立大学のロバート・ホルトンによって初めて全合成された。
rdfs:label
  • パクリタキセル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of