Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • パクパ (チベット文字:འགྲོ་མགོན་ཆོས་རྒྱལ་འཕགས་པ་; ワイリー方式:'Gro mgon Chos rgyal 'Phags pa、(1235年3月6日 - 1280年11月22日)は、チベット仏教サキャ派(赤帽派)の座主。元王朝の初代皇帝・クビライに招請された帝師。モンゴル語化したパスパの名前で表記されることも多く、漢語史料では八思巴、発思八、抜合思巴とも表記される。本名はロテ・ギャンツェンであり、幼年期に利発さを示したため、「聖者」を意味するパクパの名前で呼ばれた。チベットの有力氏族の一つであるコン氏の出身であり、ソェナム・ギャンツェンを父に持つ。先代の座主サキャ・パンディタの甥にあたる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 179627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4651 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46703014 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:t
  • འགྲོ་མགོན་ཆོས་རྒྱལ་འཕགས་པ་
prop-ja:w
  • 'Gro mgon Chos rgyal 'Phags pa
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • パクパ
prop-ja:宗派
prop-ja:尊称
  • 帝師、国師、大宝法王
prop-ja:
prop-ja:弟子
  • 沙囉巴
  • 瞻巴
prop-ja:没地
prop-ja:生地
prop-ja:生没年
  • --03-06
prop-ja:画像
  • 160 (xsd:integer)
prop-ja:著作
  • 『彰所知論』
dcterms:subject
rdfs:comment
  • パクパ (チベット文字:འགྲོ་མགོན་ཆོས་རྒྱལ་འཕགས་པ་; ワイリー方式:'Gro mgon Chos rgyal 'Phags pa、(1235年3月6日 - 1280年11月22日)は、チベット仏教サキャ派(赤帽派)の座主。元王朝の初代皇帝・クビライに招請された帝師。モンゴル語化したパスパの名前で表記されることも多く、漢語史料では八思巴、発思八、抜合思巴とも表記される。本名はロテ・ギャンツェンであり、幼年期に利発さを示したため、「聖者」を意味するパクパの名前で呼ばれた。チベットの有力氏族の一つであるコン氏の出身であり、ソェナム・ギャンツェンを父に持つ。先代の座主サキャ・パンディタの甥にあたる。
rdfs:label
  • パクパ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:creator of
is prop-ja:弟子 of
is foaf:primaryTopic of